日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


綾乃となぎさの決戦の前に、男子の予選が行われました。

綾乃の前に、いきなりお母さんが帰ってきました。しかし綾乃は、お母さんを無視します。それでも綾乃は、どこかでお母さんの存在が気になっている様子です。

バドミントン部は、男子のインターハイ予選が近づいていました。北小町高校からは、空のお兄さんと悠が気にしている葉山が出場します。葉山は必死で努力していますが、思うように実力が伸びずに悩んでいます。そんな葉山が、悠は気になってなりません。

一方、決戦を前に綾乃はなぎさを挑発します。なぎさは膝に不安を抱えていますが、かって綾乃と戦った時のトラウマを克服するためにも、もう一度綾乃と戦おうとしています。

最近の高校の部活って、相手が上級生でも「ちゃん」づけで呼んだりするものなのでしょうか!?
綾乃の悪役っぽさを演出するために、そういう呼び方をさせているのかもしれませんが、見ていてとっても違和感があります。

そして、男子のインターハイ予選の日が来ました。葉山はいきなり強敵と対戦することになり、周囲はがんばれと気合いを入れます。ところが、これまでの葉山を見守ってきた悠は、思わずがんばらなくていいですと言ってしまいました。

一応、これが今回の一番の見所でしたが、試合に負けた葉山に悠が告白するのかと思いきや、葉山が好きなんじゃなくてバドミントンが好きなんじゃないで納得したのにはずっこけました。(^^;

そして、ずっとすれ違っている綾乃に、お母さんが一緒に外の世界に出ないかと誘います。この言葉には、綾乃の心も動揺しました。

というわけで、綾乃となぎさの対決は先送りで、男子の試合と悠の恋愛もどきと^^;、マイペースすぎるお母さんなお話でした。