日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ようやく「はねバド!」の最終回を視聴しました!

なぎさと綾乃の試合が続いています。第2セットを取られて、闘志を失った綾乃でしたが、悠や空の応援で気持ちを立て直しました。そして今度は逆に、綾乃が自分のペースでなぎさを追い込みます。そしてなぎさと綾乃、どちらも一歩も譲らない戦いが続きます。

試合中もずっと、綾乃はバドミントンを続ける意味を考え続けています。同じように迷いながら、なぎさの膝は限界を迎えようとしています。両者ともに体力的を振り絞るような戦いは、ジュースに突入していました。そして、この戦いを制したのは、なぎさでした!!! 正直、主人公が負けてこれだけうれしい作品は初めてでした。(^^;

試合を終えた綾乃は、悠や空に酷いことを言ってしまったと謝りました。そんな綾乃の前に、お母さんがやって来ました。お母さんは、いい試合だったと綾乃を褒めてくれました。そして自分やコニーと一緒に、海外で戦わないかと誘います。

その誘いを、綾乃は断りました。今の綾乃にとって、北小町高校でバドミントンを続けていくことに意味があるからです。
そして綾乃は、エレナにもずっと一緒にいてくれた感謝の気持ちを伝えました。・・・でも、これくらいでは今までに築き上げた綾乃の好感度の低さは変わらないですけど。(^^;

一方、なぎさと理子はラブラブ状態です。なぎさが精神的に苦しかった頃も、なぎさを見捨てなかった理子の愛は深いですね。さいわい、なぎさの膝の状態は思ったよりは軽傷だったようです。

というわけで、何とか最後まで視聴することが出来ました。作画面では間違いなく今期のトップクラスでしたが、主人公の綾乃の病みっぷりが酷くて^^;、途中で何度も挫折しそうになりました。そんな中での救いは、なぎさと理子でした。この2人がいなかったら、絶対に途中で視聴を打ち切ってましたね。(^^;