日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


新番組のお試し視聴です。近未来にコールドスリープで時を超えた主人公のお話みたいです。

作品の舞台となる時代では、高度な自律型ロボットが人に代わって様々な作業を行っています。もはや、ロボットなしでは人の生活が成り立たない状況のようです。そんな中、主人公のデリダと友人のネイサンは、ロボットのプログラムに重大なバグがあることに気づきました。

2人はそれを上層部に知らせますが、会社の利益を優先する上司はそれを聞き入れようとしません。それでも2人は、バグを修正するプログラムを作り上げます。しかし、そのプログラムが実行される前に、デリダとネイサンは武装した男たちに襲われました。

彼らは上司の命令で、2人を始末するためにやって来たのです。襲撃者からの逃走中に、ネイサンは横転した車にはさまれて逃げられなくなりました。ネイサンは娘のマージュのことをデリダに託して、燃え上がる車の中に消えました。

襲撃者から逃れるうちに、デリダはコールドスリープ装置のある場所にたどり着きました。その中に逃げ込んだデリダは、10年間を飛び越えることになりました。デリダが再び目覚めた時、カプセルの上にはマージュの誕生日プレゼントとして贈ったペンダントが置かれていました。

カプセルから出たデリダは、外の様子を確かめます。そして彼は、廃墟と化した街を目にすることになるのでした。

次回への引きはありましたが、何となく没入感に欠ける感じでした。作画も今ひとつでしたし、次回はパスかな。(^^;