日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


アッシュとオーサーの戦いも、ついに決着です!

オーサーとの戦いの前、アッシュは手下に英二のことを任せました。英二を日本に帰国させようとしたのです。しかし、手下たちは、今では英二にも心を許すようになっていて、複雑な心境のようです。

そしてついに、アッシュとオーサーの対決が始まりました。対決場所は深夜の地下鉄駅構内でした。アッシュとオーサー、そして立会人のケインだけがその場にいるのかと思いきや、チャイニーズ勢力のシンも情報を聞きつけてやって来ていました。

かってオーサーは、アッシュと戦って敗れました。ナイフでの戦いでしたが、卑怯にもオーサーは仲間の持っていた拳銃でアッシュを撃ったのです。ギリギリでそれをかわしたアッシュは、その報いとしてオーサーの右指を切り裂きました。そのために、今ではオーサーは引き金が引けないようです。

今回の戦いも、やはりナイフでした。オーサーは巧みなナイフさばきを見せますが、アッシュに傷を負わせることはできません。そんな時、運行してないはずの地下鉄が、アッシュたちの戦っている場所に迫ってきました。そこにはオーサーの手下たちが乗り込んでいました。

彼らは銃で武装していました。彼らの放つ銃弾を、アッシュは並外れた運動神経でかわしました。シンの機転で銃を手にしたアッシュは、オーサーたちに反撃します。アッシュの精確な射撃に、オーサーの手下たちは次々と倒されていきます。

そして地下鉄は、戦いの場から走り去ろうとします。その列車に、アッシュは滑り込みました。アッシュはたった1人ですが、オーサーの手下たちは次々と倒されていきます。そして勝負は、再びアッシュとオーサーの直接対決という形に!

その少し前、夜中に目覚めた英二はアッシュの手下から、帰国しろというアッシュの言葉を伝えられました。最初は素直にそれに従うかに見えた英二でしたが、アッシュがオーサーと戦っていることを知った英二は、その場所へと向かいます。

そして英二は、アッシュがオーサーと戦っているところを目撃しました。それまでの戦いで、アッシュは右肩を負傷していました。英二がアッシュに呼びかけたことで、アッシュはさらに深手を負ってしまいました。しかしそれでも、アッシュは自らの手でオーサーを仕留めました。

大騒ぎの現場に、警官隊が駆けつけました。英二は何とかアッシュの元に行こうとしますが、警官に阻まれました。オーサーとの戦いを終えたアッシュは、英二に自分の戦いを見られたくなかったと叫びました。

こうしてアッシュとオーサーの因縁の戦いは終わりました。深手を負ったアッシュは、どうなってしまうのでしょうか。そして英二は、再びアッシュと話をすることができるのでしょうか。その時、英二はアッシュに何を語るのでしょうか。
新番組のお試し視聴です。海から魚が消えた世界で、宇宙いけすで漁をする人たちの物語みたいです。

ある日、地球の海から魚が消えてしまいました。それでも魚が食べたい人類は、宇宙空間にいけすを作って、そこで魚を捕獲するようになりました。危険も多い宇宙漁師は、長く男性の仕事でしたが男女雇用機会均等法により、初の女性宇宙漁師が生まれようとしていました。

主人公の空町春は、そんな女性宇宙漁師の候補生でした。立派な宇宙漁師になるために、春は尾道へとやって来ました。予定時刻より早く到着した春は、尾道観光に熱中しすぎたあげく、迷子になってしまいました。

そんな春が迷い込んだのが、女性宇宙漁師として出動したい村上波乃と薪真紀子のところでした。2人は女性でも宇宙漁師が出来ることを証明するために、宇宙に飛び立ちたいと思っていました。しかし宇宙漁師は3人で行動するのが基本なので、メンバーが足りません。

そんな状況のところに転がり込んだのが、春でした。春がまだ訓練さえ受けていないことに気づかず、波乃と真紀子は春をメンバーに加えて宇宙に飛び立ちました。宇宙いけすでは、トビウオと呼ばれる小型潜水艇(?)を使って漁を行います。

このトビウオ、なぜかスマホゲームのような仕様になっていて、発進前には守護神と呼ばれるキャラを選択することになります。それぞれの守護神によって、使える特殊技能が違うらしいです。

トビウオの操作方法は、マニュアルを読んだことがあるだけで、選んだ守護神も役に立たないものだったせいで、春たちの初宇宙漁は大失敗に終わりました。そんな春たちは、これからどう成長してゆくのでしょうか。

物語の設定もおバカですが、それ以上に主人公の春がおバカすぎて、見終わった後に呆然としました。(^^;
あまりにぶっ飛びすぎていて今ひとつ好みではないので、次回以降はパスする方向で・・・。