日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


虎徹が入って、4人になったチア同好会に家庭科部から応援の依頼がくるお話でした。

恥ずかしがり屋の虎徹がチア同好会に入ったのを祝い、こはねたちがお菓子を用意して歓迎してくれました。
こはねは虎徹の名前が気に入っていますが、本人は女の子らしくないと嫌がってます。それでも何となくこてっちゃんと呼ぶ流れに・・・。{^^; 個人的には、こてっちゃんと呼ばれると、牛もつの商品を思い出してしまいます。

そして、いよいよチアの練習開始です。経験者のひづめや運動が得意な宇希と違い、こはねと虎徹は運動が苦手なので苦労してます。でも、みんなでアームモーションの練習する場面は、チアっぽくて可愛かったですね。

さらに虎徹のユニフォームも型紙から作って、こはねたちはますますテンションが上がってます。そこに、家庭科部から応援の依頼が来ました。なにを応援するのかと思ったら、作った料理の試食をして欲しいということでした。

急にこんな話がきた裏には、前回こはねたちがバスケ部の応援をしてくれた感謝の気持ちから、バスケ先輩が家庭科部に声をかけてくれたからでした。おいしい料理をいっぱい食べたチア同好会の面々は、感謝とカロリーの消費のために^^;、バスケ部の練習を応援するのでした。{^^}
誕生日にも、モモはツキカゲの一員としてがんばります!

白虎から得た手がかりを元に、ツキカゲはモウリョウとつながっていそうな九天サイエンスのデータを狙います。しかし、入手した情報を解析しても、何も怪しいところは発見できませんでした。事前に内通者からモウリョウに連絡があり、九天サイエンスのデータは全て無害なものに置き換えられていたのです。

その頃、新たなドラッグの販売ルートをモウリョウは手に入れました。それを知ったモモは、師匠に頭を下げさせないために、これまでにも増してトレーニングに励みます。そんな中、モモの誕生日が近づいていました。しかし、モモは任務を優先するあまり、息抜きする時間さえ惜しんでいます。

このままだと、また前みたいに空回りしそうでしたが、雪がいつでもフォローしてくれると積極的に息抜きすることにしました。こうして誕生日前日に、モモは友達と楽しい時間を過ごしました。それまでの過剰トレーニングで疲れがたまっていたモモでしたが、これがいい息抜きになりました。

そして翌日、モモは万全の体調で任務に挑みます。途中までは順調でしたが、凶暴化したドルテが現れてモモはピンチに陥ります。モモの攻撃は、ドルテに全く通じませんでしたが、危ないところで師匠が助けてくれました。それを見たモモは、師匠と自分の実力の決定的な違いを思い知るのでした。

これで終わりかと思いきや、モモの匂いを覚えたドルテが再び現れました。再びピンチのモモは、カトリーナさんと師匠に助けられました。なんとかドルテは撃退したものの、モウリョウは内通者から初芽の情報を手に入れていました。
内通者の正体も気になりますし、ツキカゲの一員と知られた初芽がどうなるかも気になります。