日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


親方同士の争いと、居酒屋のぶの過去が判明するお話でした。

鍛冶職人のホルガーとガラス職人のローレンツは、昔からの顔なじみのようです。2人とも「のぶ」の常連ですが、顔を合わせればケンカばかりしています。ホルガーは、大将が使っている包丁の完成度に感心しています。ローレンツは、ビールのグラスの完成度に驚いています。

何かとケンカしている2人ですが、お互いに相手の腕は認めています。でも、なぜか素直になれず、いつもケンカになってしまいます。今日はどっちが注文した料理が、とりあえず生に合うかで言い合いを始めました。おまけに、エーファのまかないに作ったオムそばを見て、2人ともそれが気になっている様子です。

エーファは家にいる弟や妹のことを思い出して、自分だけおいしい物を食べることをためらっています。でも、それを察したしのぶが、弟や妹にはちゃんとお土産を持たせてあげると言ってくれたおかげで、安心してオムそばを食べることが出来ました。

そんなエーファをうらやましそうに眺めつつ、再びケンカを始めた親方2人は、食事中は静かにしなさいとエーファから叱られたのでした。(^^;

後半は、居酒屋「のぶ」の事情が明かされました。しのぶは元々は、料亭の娘でした。でも、意に沿わない結婚話が進められるのに反発して、家を飛び出しました。大将はしのぶの料亭の料理人でしたが、独立してお店を始めるところでした。そんな大将のお店を、しのぶは手伝うことにしたのです。

お店が始まる日、しのぶは近所の稲荷神社に出向き、取っておきの1万円をお賽銭にしてお店の成功を願います。その願いが聞き届けられて(?)、「のぶ」の玄関は異世界とつながったのでした。

ある日、しのぶがお店を閉めようとしていると、店内に見慣れないお客がいました。どう見てもお稲荷さんの化身のそのお客は、油揚が食べたいと言います。そんなお客さんのために、大将は作りたての油揚を使った料理をふるまいます。
その料理のおいしさには、お稲荷様も満足されたようです。(^^)