日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ようやく自転車部の発足です!

南鎌倉高校では、すべての生徒がどこかの部に所属することになっています。そのために新入生は、あちこちの部を見学して回り、入部したい部を決める部活巡りの期間が用意されています。ひろみは、巴と一緒にあちこち部活を見て回ります。でも2人とも、あまり運動神経がよくないので、運動系の部活は難しそうです。

そんな中、2人は軽水泳部を体験することになりました。こちらは普通の水泳部とは違い、競技で優勝したり、自分の限界を極めようとするのではなく、ただ単に水に入るのが楽しいだけでもOKという緩い部活でした。
その体験中、プールでケガしたひろみは、偶然そこにいた夏海に助けられました。夏海は沖縄出身で、泳ぎというか潜りが得意みたいです。

ケガをしたひろみは、保健室で手当を受けました。さいわい、ケガはたいしたことがないようです。そこでひろみたちは、保健室で休んでいた冬音と出会うのでした。前回、ひろみたちとサイクリングに出かけた冬音ですが、日頃の運動不足もあって、途中で足がつってリタイアしていたのでした。今日保健室で休んでいたのは、筋肉痛がまだ残っていたからでした。

そんな冬音に連れられて、ひろみたちは学園内の知られざる場所へと赴くことになりました。南鎌倉高校は、次々と増築を重ねたようで、学校の中はけっこう複雑に入り組んでいました。そしてひろみたちは、古風な民家がある場所までやって来ました。そこが冬音の目的地でした。

そこには、いきなり死体が^^;と思ったら・・・南鎌倉高校の校長先生であり、冬音のお祖母さんでもある神倉龍子さんがいました。もちろん校長先生は死んでいたのではなく^^;、音楽を聴いているうちに爆睡してしまっただけでした。
そこは校長先生がこの学校の生徒だった頃、所属していた部の部室でした。なんと校長先生は、サイクリング部に所属して、全国各地を仲間と巡っていたのです。

そんなサイクリング部も、いつの間にか部員が減って自然消滅してしまいました。すると突然、冬音が自分が部を復活させてもいいと言い出しました。前回も自分の足で、どこかに赴くことにこだわっていた冬音ですが、それには深い理由がありました。冬音には車いすで生活している、お姉さんがいたのです。そのお姉さんから、冬音が自分の足で進んで見た景色を見てみたいと言われ、それが冬音を動かしていたのです。

ぱっと見、わがままなお嬢様な冬音ですが^^;、それだけではないお姉さんのために、かなえたい願いがあったのがよかったです。そして、そんな冬音の提案に、ひろみが乗ってきました。ひろみに巻き込まれる形で、巴と夏海も入部することになり、南鎌倉高校・女子自転車部が発足することになったのでした!

最初、冬音はサイクリング部を復活させるつもりでしたが、お祖母さんのサイクリングだけに限定する必要はないというアドバイスをいれて、広く自転車を楽しむことを目的に、自転車部としてスタートすることになりました。
その上、お祖母さんは自分の隠れ家として利用していた、この民家風の建物を自転車部の部室として提供してくれました。

こうしてようやく、作品のタイトルでもある南鎌倉高校・女子自転車部が発足したのでした。とはいえ、みんな自転車に関しては初心者の集団です。それがこれから、どんな形で部としてまとまっていくのか楽しみです!(^^)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/10004-57cf5c7b