日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂シリーズの第7巻、「ビブリア古書堂の事件手帖 〜 栞子さんと果てのない舞台 〜」を読み終えました。

6巻までと比べると、刊行までに時間がかかった7巻でしたが、この7巻でついに物語が完結しました。

今回のメインは、シェイクスピアのファースト・フォリオです。そして、栞子さんと大輔の家系にまつわる問題。栞子さんと母の智恵子との対決。さらに、智恵子の父にあたる久我山尚大の弟子であった、老獪な古物商の吉原喜市の暗躍と、物語のスケールが一気に広がった感じでした。

話の発端となった、第1章の謎解きは簡単なものでしたが、第2章から第3章へと続く、シェイクスピアのファースト・フォリオを扱った駆け引きは、なかなか面白かったです。そして、伸ばし伸ばしになっていた栞子さんと大輔の関係も、ようやくおさまるべきところに・・・。

6巻を読み終えたのが2年以上前だったので、今巻の冒頭に登場人物紹介と家系図が掲載されていたのはありがたかったです。これがなかったら、複雑な人間関係を思い出せなかったかも。(^^;

物語本編はおおむね楽しめましたが、最後に1つ気になったのは、突然姿を消した志田さんがどこで何をしていたのかということです。6巻までの内容を詳しく覚えていれば、想像がついたのかもしれませんが、一度読んだきりの小説の詳細まで覚えていられません。(^^;












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/10034-c990a6a3

(書評)ビブリア古書堂の事件手帖7 栞子さんと果てない舞台
著者:三上延 太宰治自家用の『晩鐘』を巡り、取引に訪れた道具商の男。彼は一冊の古書を残していく。奇妙な縁に導かれ対峙することとなったのは、ウィリアム・シェイクスピアの古書と、それを巡る仕掛けだった…… 一応のシリーズ完結編。あとがきを読むと、『探偵・日暮旅人』(山口幸三郎著)シリーズなどと同じく、おまけ作品集みたいなものを出す用意はあるみたいだけど。 というか、完結編という...

2017.07.13 02:36 | 新・たこの感想文