日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


グランたちが、帝国に操られたティアマトを止めようとするお話でした。

街を襲う大嵐の原因は、風の守護神であるティアマトだと知ったグランたちは、グランサイファーに乗ってティアマトのところに向かいます。吹き荒れる強風は、数多くの岩石を飛ばしてきますが、ラカムは巧みな操船でそれをかわします。そして、ついにティアマトがいる大きな雲を発見しました。

雲の中に突入したグランサイファーを、ティアマトは執拗に攻撃してきます。それでも隙を突いて、ルシアがティアマトとの交信に成功しました。ところが、ティアマトにはルシアの言葉は届きません。ティアマトは、胸についた水晶のようなもので帝国に操られていたのでした。

そこでグランとルシアは、ある決断をしました。何かと思えば、ティアマトの頭上からグランがティアマトに突撃したのです。(^^; 突撃というより墜落といった感じでしたが。

ティアマトへと詰め寄ったグランは、なんとか水晶を破壊することに成功しました。そのおかげで、ティアマトは自分の意思を取り戻して、嵐はおさまりました。こうしてグランたちの活躍で、島に住む多くの人々が救われたのでした。ティアマトは、自分を救ってくれた感謝の印として不思議な力を持った石をルシアに送りました。

その石には、まだ見ぬ新たな地の映像が込められていました。さらに、その石を手に入れることが、グランが目指す星の島への道を切り開いてくれることにもなるようです。

グランサイファーを再び飛ばすという目的を達したラカムは、グランたちの仲間に加わり、共に冒険の旅に出かけることになりました。新たな仲間と船を手に入れたグランたちに、次はどんな試練が訪れるのでしょうか!?

そうそう。帝国の傭兵は、依頼者のところに帰還していました。全身に鎧をまとい、その姿ははっきりしませんが、その人物は何らかの目的でグランたちの誘導しようとしています。その目的は、いったい何なのでしょうか。

というわけで、意外とあっさりとクエストをクリアして、ラカムも仲間になりました。(^^;
ティアマトを助けるのは、できれば運頼みの突撃ではなく、もう少し知恵を使って欲しい気がしました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/10089-f8506351

GRANBLUE FANTASY The Animation BS11(4/29)#5
第5話 決戦、嵐の守護神 ティアマトと話したいルリア。雲の中の聖晶獣ティアマトに向かってグランサイファーで飛翔する。実は帝国のヒュリアスが細工を施して操作していた。グランサイファーに気づいて攻撃を仕掛けるティアマト。ルリアの思いがティアマトには届かない。どうやら何かで操られているらしいと分かる。グランにバハムートの力を借りて胸の結晶を破壊して欲しいと頼むルリア。どうやら胸の結晶が意思を奪って...

2017.05.02 22:39 | ぬる~くまったりと