日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


オリハルトに関する機密情報をつかんだマヤたちは、これからの選択を迫られます。

マヤとイドが探査船から持ち帰った情報には、驚くべき内容が含まれていました。オリハルトは未知の文明の廃棄物であり、マヤたちをしつこく追ってきた移動天体はその回収装置だというのです。人類の発展のため、この重大な事実を連盟は外部に公開せず、あくまでも人類の宇宙進出を推し進めました。しかし、このままオリハルトを使い続ければ、やがてオリハルトを使うすべての人たちに危機が及びます。

そんな中、マヤたちは選択を迫られていました。1つは連盟に投降して彼らの監視下に置かれること。もう1つは、あくまでも連盟から逃げ回ることです。しかしそこに、イドはもう1つの選択肢を提示しました。それは記録に残されていたドクター・アリスガワを探しだし、移動天体の脅威を排除するというものです。もしこれが成功すれば、人類は危機から救われ、マヤたちは身の安全を手に入れることになり、連盟を出し抜くことにもなります。

しかし、ミゲルネットワークから切り離されているマヤたちには、情報という大切なものが不足していました。それを手に入れるために、ストゥルティー号はスイングバイ航法を使ってミゲルネット内を目指します。2ヶ月にわたる航海の末、ようやくストゥルティー号はミゲルネットワークに入ることができました。

早速、カーラを中心に重要情報の検索が行われました。しかし、表に出ている情報では、マヤたちにとって必要な情報を入手することができません。そこでマヤたちは、連盟軍から情報を奪う作戦を実行しました。連盟軍人であるアマンザが、リックを逮捕したという名目で連盟の艦隊に近づきます。その間に、ストゥルティー号は恒星周辺で作業を行い、恒星のフレアをオリハルトで転送する用意を調えました。

この作戦が見事に成功して、連盟艦隊は大混乱に陥りました。その隙を利用して、イドとカーラが連盟艦を通じて機密情報へとアクセスしようとします。カーラは以前にも軍の情報を得ようとしたことがあるようで、思いの外簡単に隠匿されていた情報にアクセスすることができました。その中にマヤは、オブザーバの代表としてやって来たサム・テイラーの姿が、映像として記録されていたドクター・アリスガワと同じ姿をしていることに気がつきました。

限られた時間では、限られた情報しか入手できませんでしたが、それでもマヤたちには大きな収穫がありました。そんな中、カーラの様子が変です。どうしたのかと思ったら、Iマシンを通じて仮面の男がカーラにコンタクトしてきたのです。彼はカーラの肉体を保存していると言います。それを材料に、仮面の男はカーラをストゥルティー号の内通者に仕立て上げようというのでしょうか!?

というわけで、大きな陰謀に対してマヤたちが動き始めました。しかし、そんなマヤたちの行動は、すべて仮面の男の予測範囲内にありました。マヤたちが考えている以上に、黒幕は大きな力を持っているようです。こんな相手に、ストゥルティー号の面々だけで対抗することができるのでしょうか!?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/10120-91692395

ID-0 8話ツイート感想
 鳴き声だけなのにファルザの感情豊か過ぎ。

2017.06.03 01:41 | Wisp-Blog

ID-0 BS11(5/28)#08
DIG 08 荷電噴流 ミゲルネットワークの外でオブザーバーの船を発見。サム・テイラーの残したデータを回収。少女アリスは有栖川博士が提唱したオリリアンだと推察する。 イドたちが探査船で見つけたログを解析。アリスはオリハルトを利用して周囲に気密維持層を形成している。それにより生命活動を維持できる。移動天体、ラジーブは未知の文明が開発した有害なオリハルトの回収装置。アカデミーでも軍でも、そのよう...

2017.06.01 20:15 | ぬる~くまったりと