日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ヴァイオレットが、お姫様の恋文の代筆をすることになるお話でした。

軍に呼び出されたホッジンズは、平和が訪れたとはいえ、北部にはまだ不満を持つ勢力がいることを告げられます。そしてヴァイオレットが、自動手記人形としてドロッセル王国へと派遣されることになりました。その目的は、王女シャルロッテの婚約者であるダミアンへの手紙を代筆することでした。

思いっきり政略結婚ぽいので、王女はそれに反発してむくれているのかと思いきや、実はかって一度だけ会ったことがあるダミアンのことを、ずっと慕い続けていたのでした。ヴァイオレットが代筆した手紙は、とても美しいものでした。そして、それに対するダミアンからの返事も、やはり代筆されたもののようで、美しいものでした。

しかしシャルロッテが本当に欲しいのは、そういう手紙ではありませんでした。自分は心から相手のことを慕っているのに、10歳も年上のダミアンが本当に自分を好いてくれているのか、それが気がかりだったのです。それを知ったヴァイオレットは、ある提案を王女にしました。そして王女自身の手で、手紙を書かせたのです。

今回笑ったのは、シャルロッテとダミアンの手紙が両国の国民に公開されていて、それを読んだ国民がうっとりしたり、やきもきしたり、自分のことのように気をもんでいる姿でした。(^^; こういうプライベートな手紙も国民に公開されてしまう王族ってたいへんとも思いました。(笑)

そしてダミアンから決定的な手紙が届きました。2人が一度だけ会ったあの庭園で、もう一度会いたいと言ってきたのです。シャルロットはそれに応じて、夜の庭園への向かいます。そしてシャルロッテは、ダミアンの本当の気持ちを聞くことができました。あの日出会った時から、ダミアンもシャルロッテのことが気にかかっていたのです。

かくしてシャルロッテとダミアンの婚礼が、盛大に執り行われることになりました。2人の恋物語と平行して描かれた、生まれた時からずっとシャルロッテを見守ってきた、結婚すれば宮廷女官アルベルタと別れることになる寂しさが描かれていたのもよかったです。婚礼に向かう前に、シャルロッテを見守ってきたアルベルタが涙をこらえている場面も素晴らしかったです。

今回ヴァイオレットが果たした重要な役割は、ダミアンの手紙を代筆している自動手記人形と交渉して、ダミアン自身の手で手紙を書くように仕向けたことでした。ダミアンの自動手記人形は、ヴァイオレットには知らされていませんでしたが、その文体から代筆しているのが同じ会社のカトレアだと見抜いていました。

前回、カトレアの代筆をした時はまだ危なっかしい感じでしたが、その後でヴァイオレットの代筆能力は飛躍的に向上したようですね。さらに今回は、手紙を代筆しないことこそが、シャルロッテとダミアンにとって最善だと判断したところも凄いですね。

こうしてヴァイオレットの活躍で、戦いの火種は消えそうです。・・・と思ったら、ヴァイオレットの前にディートフリート・ブーゲンビリアが現れました。彼はヴァイオレットの慕うギルベルト少佐の兄で、かっては海軍大佐だったようです。その船でヴァイオレットは、ディートフリートの仲間を何人も殺したことがあるようです。なぜヴァイオレットは、少佐の兄の仲間を殺したのでしょうか!?

というわけで、今回もとても見応えのあるお話でした。そういえば驚いたのは、孤児だから年齢がはっきりしないとはいえ、ヴァイオレットはまだ14歳だったんですね。(^^; もっと年上かと思ってたので、これにはびっくりでした!
それから、ダミアンのことを慕っていたシャルロッテが、ただ彼との婚約を願っていただけでなく、彼の国と手を組めばどんな利益があるかを調べつくして、事前に周囲を説得していたのも好印象でした。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/10453-4309af4a

第5話「人を結ぶ手紙を書くのか?」
 ヴァイオレット・エヴァーガーデンの第5話を視聴しました。  …よしっ、今回は普通に書き出せたぞ?  実際、今回って号泣してません、私。しかしながら、「じゃあ平気だったのね?」と聞かれるとですね…。  平気なわけが無ェだろうが。  何を以て「平気」とするかにもよりますが…もうね、ざわついてしょうがないですよ、これ。ホント、第2話の時にも思いましたけどね…本作ほ...

2018.02.12 23:06 | Old Dancer's BLOG

ヴァイオレット・エヴァーガーデン第5話
プリンセスの恋。 可憐愛すべきお伽噺、メルヘンのような恋の顛末に、うっとりです。

2018.02.11 13:49 | うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳

白の椿姫のマリッジブルー
公開ラブレターか^^; 4話、ちょと追記したいと・・ 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 第5話 「人を結ぶ手紙を書くのか?」 プロローグの、かつての上官?に呼び出されたクラウディア。 何のために呼ばれたのかと思ったら、仕事の依頼だったのね? こんな大切な仕事を任せられるくらいにヴァイオレットは出来るようになったのね~ 頭が良いので依頼主の真の感情はわからなくても...

2018.02.09 21:58 | マイ・シークレット・ガーデン FC2

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第5話 「人を結ぶ手紙を書くのか?」 感想
公開恋文× 公開処刑○

2018.02.09 11:12 | キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記

ヴァイオレット・エヴァーガーデン #05 「人を結ぶ手紙を書くのか」
ロイヤルウェディングを支えたのは自動手記人形でした。 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の第5話。 かつての上官にキナ臭い話を聞くクラウディア。 何ヶ月も過ぎてかなり沢山の仕事をこなしてきたヴァイオレットはお姫さまの 公開恋文の仕事を請け負い出張。 まだ若く相手の国の王子様は十歳年上ということで世間体などヴァイオレットに 聞いてみるが、当のヴァイオレットは姫様以上に疎い...

2018.02.09 00:40 | ゆる本 blog

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第5話 「人を結ぶ手紙を書くのか?」
かつての上官と会っているホッジンズさん、和平が成立したもののきな臭い動きがあるみたい

2018.02.08 22:56 | 夢幻の灰色帝国

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第5話 「人を結ぶ手紙を書くのか」
第5話 「人を結ぶ手紙を書くのか」 軍に呼び出されたホッジンズ。 5年に渡る大戦は終結したが、納得しない北側の国の者が新たな戦争の火種となる可能性がある。

2018.02.08 21:28 | いま、お茶いれますね

彼女が代筆した物語【アニメ ヴァイオレット・エヴァーガーデン #5】
ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第4話 人を結ぶ手紙を書くのか?

2018.02.08 20:44 | 腐った蜜柑は二次元に沈む

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第5話「人を結ぶ手紙を書くのか?」
ヴァイオレット・エヴァーガーデンの第5話を見ました。 第5話 人を結ぶ手紙を書くのか? 5年も続いた大戦が集結したものの、北側の国には納得しないものがいて新たな戦争の火種になる可能性があるとホッジンズは元の軍部上司から状況を説明を受ける。 そんな中、ヴィオレットはドロッセル王国の王女シャルロッテのダミアン王子との公開恋文の代筆を依頼され、恋文が上手いと褒められることとな...

2018.02.08 18:53 | MAGI☆の日記

花の都で輝く花――「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」5話感想
 クレジットを見るまでシャルロッテ役を鈴木みのりと勘違いしてたとかおいは恥ずかしか!生きておられんごっ!(ズブドバ

2018.02.08 18:27 | Wisp-Blog

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第5話 『人を結ぶ手紙を書くのか?』 ヴァイオレットが14歳!?
孤児なので正確な歳は不明だがそのくらい。てっきり18歳位だと思ってました。日本じゃ中学2年生だったのか。じゃあ戦争していた頃は殆ど小学生。つまり「幼女戦記」だったと。 時は流れた。この数ヶ月、ヴァイオレットは沢山の依頼をこなしてきたんだとか。 今回のヴァイオレットはお外で仕事、つまり出張です。しかも今回の依頼主は一国の王女です。この手の依頼にはカトレアが受け持つんじゃないか。そうで...

2018.02.08 18:16 | こいさんの放送中アニメの感想

ヴァイオレット・エヴァーガーデン TokyoMX(2/07)#05
第5話 人を結ぶ手紙を書くのか?5年も続いた大戦が集結したが北側の国には納得しないものがいる。新たな戦争の火種になる可能性がある。ドロッセル王国とフリューゲル王国の婚姻に期待を寄せていた軍部。ホッジンズは元の軍部上司から状況を説明される。 ヴィオレットはドロッセル王国の王女シャルロッテの自動手記人形を依頼される。ダミアン王子との公開恋文の代筆を依頼される。シャルロッテは今回の婚礼に...

2018.02.08 16:56 | ぬるーくまったりと 3rd

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第5話
ヴァイオレット(CV:石川由依)は、ドールの仕事でドロッセルにやって来ます。 彼女の今回の仕事は、シャルロッテ王女の恋文の代筆です。 ヴァイオレットは、アルベルタ女官に連れられて、シャルロッテの部屋に行きますが、彼女は機嫌が悪いのか、いまだにベッドの中です。 そんなだらしない様子の王女を見たアルベルタは苦言を呈するのでした。 シャルロッテの恋文の相手は、隣国のダミアン...

2018.02.08 16:14 | ぷち丸くんの日常日記