日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


最近なにか忘れてるなと思ったら、「結城友奈は勇者である」の続きを見るのを忘れてました。(^^;
今回は、美森が世界の真実を知って、勇者システムの呪縛を破壊しようとするお話でした。

物語は、美森の幼い頃に遡ります。美森の記憶は失われていますが、園子と出会ったことで何かに気づいたようです。そして美森は、園子の元を訪れました。美森のことを、園子はわっしーと呼びかけました。どうやらそれが、美森の昔の名前のようです。

園子と話をした美森は、全てが大赦の計画によって動いていたことを知りました。勇者としての適性を認められた美森は、勇者として戦い、満開の結果記憶と足の自由を失いました。その後で美森が、友奈の隣の家に引っ越すことになったのも、友奈の勇者としての高い適性を見抜いた大赦の意思によるものだったのです。

そして美森は、自らの命を使って勇者システムを調べます。勇者をサポートする存在のように見える精霊は、勇者が自殺することを防ぐ存在でもありました。検証のためとはいえ、あらゆる方法で自殺しようとする美森が怖いです。

そして美森は、園子から聞いた情報を元に神樹様の結界の外を自らの目で確かめます。そこは、まるで生き地獄のような世界でした。神樹様に守られたわずかな空間以外は、すべてバーテックスが支配していたのです。そこでは数多くのバーテックスが生まれて、先の戦いで友奈が倒したバーテックスさえも復活しようとしていました。

それを知った美森は、勇者の運命に絶望しました。そして美森は、自らの手で結界の壁を破壊しました。この世界がすべてバーテックスに飲み込まれることしか、勇者システムという呪縛から友奈を救う方法がないと考えたのです。美森の明けた穴から、大量のバーテックスが結界内に入り込みました。この危機に、友奈たちはどう立ち向かうのでしょうか!?

物語の最初の頃から、美森には思い詰めたら何をするかわからない怖さが感じられましたが、今回はそれが実証されたような内容で驚きました。友奈たちが救われるには、本当に世界を破滅させて、自ら命を絶つ以外にないのでしょうか!?

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/10487-c18a865e