日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


モモカも一緒にGBNにやって来たリクたちが、思わぬ友人を得るお話でした。

GBNでは、最近マスダイバーと呼ばれる違法行為を行うプレーヤーが原因で、初心者プレーヤーがカモにされたり、システムにバグが発生していました。それを調べるために、GBNチャンピオンのキョウヤが動きます。

そんなキョウヤがチャンピオンになった時のバトルは、リクやユッキーを夢中にさせていました。リクは先日のオーガとの戦い以来、なんとなく元気がありません。しかし、チャンピオンのことを熱く語るリクを見て、ユッキーは少し安心したのでした。

そしてユッキーが新しく作った武器のテストもかねて、リクたちはGBNに入ろうとします。そこにサッカー部にしつこく勧誘してくるモモカが現れました。モモカは、2人が夢中になっているGBNに興味を持ちました。そして2人と一緒に、GBNを体験してみたいというのです。

こうしてモモカも加えて3人で、GBNにアクセスしました。モモカはまだ自分のガンプラがないので、ゲストキャラを利用してのアクセスとなります。リクやユッキーは人型のアバターですが、お試し中のモモカはハロの姿でアクセスすることになってしまいました。

GBNで、リクたちは再びサラと出会いました。今回は連続した戦いを行う、連戦ミッションにリクたちは挑もうとしています。そんなリクたちに、仮面をつけた謎の青年が声をかけてきました。キョウヤと名乗ったその青年は、リクたちと共にミッションに挑戦することになりました。

キョウヤの巧みな誘導もあり、リクたちは次々と戦いをこなしていきます。しかし、戦いながらもリクは何かを思い悩んでいました。そんなリクに、キョウヤが話しかけてきました。リクは自分のモヤモヤした思いを、キョウヤに話しました。するとキョウヤは、リクがオーガに負けて悔しかったこと。しかし、それは悪いことではなく、それだけ真剣にリクがGBNに参加しているからだと教えてくれました。キョウヤと話たことで、リクは何かが吹っ切れたようです。

そして戦いを続けるリクたちの前に、マスダイバーたちが現れました。彼らは本来ならリクたちがもらうはずのポイントを、自分たちのものにしようとしていたのです。インチキをしているマスダイバーにリクたちは苦戦しますが、ここでもキョウヤがどれだけパワーアップしても、関節の強さは変えられないことを教えます。

そんな中、さらなる敵が現れました。最後の戦いで登場するはずのデビルガンダムが、リクたちの前に現れたのです。デビルガンダムは、初心者相手とは思えない強さを持っていました。マスダイバーたちは、次々とデビルガンダムの餌食になります。さらにデビルガンダムは、サラとモモカを攻撃してきます。

サラたちを守ったのは、デビルガンダムの攻撃を自分の機体で受け止めたキョウヤでした。キョウヤは自分の素性を隠すために、チャンピオンとして使っているガンプラを偽装していましたが、その攻撃で正体が明らかになりました。キョウヤは暴走するデビルガンダムを倒そうとします。そんなキョウヤを、リクたちも援護します。

こうしてリクたちは、連戦ミッションをクリアしました。戦いの後、キョウヤは素性を隠していたことをリクたちに謝りました。チャンピオンを目の前にして、リクはいつかキョウヤと戦ってみたいと思いました。大きな目的を得たことで、リクは元気を取り戻しました。そしてキョウヤは、リクたちと友達になってくたのでした。

今回も安定した面白さでした。今は最強のプレーヤーとなったキョウヤですが、そこに至るまでには数多くの試行錯誤があったことが匂わされていたのもよかったですし、キョウヤと戦いたいという大きな目的が出来たことでリクが自分のGBNへの熱い思いに気づくことになる展開もよかったです。(^^)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/10532-8d787451

ガンダムビルドダイバーズ 第3話 守る者 感想
ガンダムビルドダイバーズ(Gundam Build Divers)ep03「守る者」の感想です。 第14回ガンプラフォーストーナメント決勝戦の戦闘シーン。 クジョウ・キョウヤvsロンメル。 ロンメルはおじさんなのね。 激しい戦闘シーンでなかなか良い。 勝者はクジョウ・キョウヤ。 で、最近マスダイバーが初心者に広がっていることを2人で危惧している。 この対戦のVTRを...

2018.04.22 15:13 | 日本のアニメは面白い2