日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


アヤメの過去が明らかになるお話でした。

ブレイクデカールを根絶するために、リクたちはキョウヤの作った有志連合に参加して戦っています。キョウヤと共に、敵の本拠に突入したリクは、サラの言葉に従いキョウヤとは別行動を取ります。そこに立ちふさがったのは、ついに謎の男の手下であることを白状したアヤメでした。

その間にも、戦いは続いています。この戦いの前に、謎の男は外部から傭兵プレーヤーを雇っていました。彼らはGBNに対して、何の愛情も持っていません。彼らの目的は、ただ単に雇い主から命じられた任務を遂行して、その報酬を手に入れることだけだったのです。

ブレイクデカールで強化され、再生能力を持った敵にキョウヤは苦戦していました。しかし、それはキョウヤが彼らの心のどこかにGBNへの愛情があることを期待したからでした。しかし、傭兵にそれがないことを知ったキョウヤは、圧倒的な実力の違いをみせつけて、傭兵を粉砕したのでした。

それは突入部隊を援護する、タイガーウルフとシャフリヤールも同じでした。本拠地の外で戦う2人は、協力して報酬しか頭にない傭兵を粉砕しました。いつもいがみ合ってばかりの2人ですが、こういう時はコンビネーションがいいですね。

そしてリクとサラは、アヤメの過去を知ることになりました。まだアヤメが初心者プレーヤーだった頃、彼女は1人で戦っていました。そんなアヤメを、同じSDガンダムを使うフォースが仲間として迎え入れてくれました。そしてアヤメは、そこで共に戦う仲間がいる楽しさを知りました。

アヤメたちのフォースは、どんどん強くなっていきました。それにつれて、メンバーもどんどん増えていきました。そして
彼らは自分たちの友情の証として、それぞれのガンプラのデータを集めた、世界に1つしかないSDガンダムを作り上げたのでした。

そしてアヤメたちは、ついにトップ10入りを狙えるほどのフォースになりました。しかし、その頃からフォースの中がギスギスし始めました。彼らの戦略が他のフォースに研究されて、今までのように勝てなくなったのです。そしてフォースのランキングは下がり続けます。フォースのリーダーは、何とかしようと焦りますが、流れを変えることは出来ませんでした。

そんな中、これまでSDガンダムにこだわっていたフォースに、リアルタイプのガンプラが投入されました。それを手に入れる代償として、リーダーはみんなのデータを集めたSDガンダムを謎の男に差し出していました。そして彼らは、決定的なバトルを迎えました。せっかくリアルタイプのガンプラを投入したのに、その戦いで勝つことができなかったのです。

そしてついに、フォースが結成された初期からのメンバーもいなくなり、アヤメ1人が残されました。自分たちの居場所を取り戻すために、アヤメは謎の男に接触してオリジナルのSDガンダムを返して欲しいと頼みました。その代償としてアヤメは、その男の命じるままに後ろ暗い仕事をするようになってしまったのです。(;_;)

しかしアヤメは、そんな自分を恥じていました。それに気づいたリクとサラは、アヤメの罪も含めて、アヤメを受け入れようとします。そんな2人の呼びかけに、ついにアヤメの心が動きました。リクたちと知り合い、ビルドダイバーズに加入したことで、アヤメはかって失ってしまったものを手に入れていたのです。

そこに新たな傭兵が襲いかかります。その傭兵のガンプラは、ブレイクデカールで強化されており、リクの攻撃を受け付けません。苦戦するリクを救ったのは、アヤメでした。アヤメは自らもチートを使用することで、傭兵のガンプラを操ったのです。自らを犠牲にするようなアヤメの攻撃のおかげで、リクとサラは先に進むことができました。

そしてリクとサラは、ついに謎の男のところまでたどり着きました。男はリクとサラが、まっすぐに自分のところにやって来たことに驚きました。そして彼は、GBNに対する深い怒りをあらわにしました。彼は何者で、どうしてここまでGBNを憎むようになってしまったのでしょうか。

というわけで、今回はアヤメの悲しい過去と、その先に生まれたリクたちとのつながりが泣かせるエピソードでした。
そしてキョウヤたちのGBNへの深い愛と、謎の男のGBNへの深い憎しみ。この戦いは、どんな形で終結することになるのでしょうか。次回も楽しみです!(^^)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/10604-ac6df07d