日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)綾辻行人さんの「十角館の殺人(新装改訂版)」を読み終えました。

館シリーズの始まりとなる「十角館の殺人」を再読しました。この作品は、改定前に何度か読み返しています。犯人もトリックも覚えていますが、それでも十分に面白い作品ですね。

九州の孤島・角島にある十角館。それは天才的な建築家・中村青司が作った屋敷です。半年前に、青司はその島で妻や使用人と共に焼死しています。その事件の真相は、いまだに明らかになっていません。
そんな島に、大学のミステリー研究会のメンバーがやって来ました。外部と連絡を絶たれたその島で、彼らは1人ずつ殺されていきます。

今回改訂版を読んで、あれ!?と思いました。物語を覚えていたせいなのか、学生たちが互いをニックネームで呼び合っていたことから生まれる驚きが、以前のように感じられなかったのです。これは私が物語の内容を覚えていたせいなのか、それとも改訂による変更が原因なのか、旧版を読んで確かめたくなりました。(^^;

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/10631-ef0a0d14