日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ニャンコビッグが行方不明になってしまうお話でした。

珍しく朝からニャンコビッグの姿がありません。ご飯にも手をつけず、お気に入りの猫じゃらしと共に、ニャンコビッグは姿を消してしまったのです。家族のように思っているニャンコビッグがいなくなって、多田君の妹ゆいは悲しんでいます。そこで多田君は、薫や後輩の山下と一緒に、ニャンコビッグを探すことにしたのでした。

少しでも手が多い方がいいと、部長と日向子にも応援を頼みますが、いつの間にか2人の関係は進展していて(?)一緒に部長の服を買いに出かけていました。テレサとアレクは、本当は別の用事がありましたが、悲しむゆいをテレサは見捨てておけず、2人もニャンコビッグ捜しに協力してくれることになりました。

しかし、いくらみんなで探してもニャンコビッグは見つかりません。そんな時、シャルルが昨晩ニャンコビッグを見かけたという情報が入りました。それを手がかりに、ニャンコビッグの捜索が続きます。捜索に合流したシャルルは、今回も完璧王子ぶりを発揮して、なんと猫ともコミュニケーションできてました。(^^;

そしてついに、ニャンコビッグが見つかりました。ニャンコビッグは、お花屋さんの軒先に乗っています。そこから降りられなくなったのかと思ったら、そこからニャンコビッグが大好きなチェリーという雌猫を見ることが出来るのです。
ニャンコビッグは、チェリーに果敢にアタックしますが、全く相手にされていません。

そんなチェリーは、山下が憧れている美容院の店員さん・千明さんの飼い猫でした。山下のことが好きなゆいは、千明さんのことが気になってなりません。しかし、山下の千明さんへの思いは、山下の一方的なものでした。弟のような存在としか思ってもらえないことを、山下も知っていました。それでも山下は、千明さんが笑顔であってくれれば、それで幸せなのでした。

しかしゆいは、恋愛に対して山下ほど達観した気持ちにはなれません。好きな人とはできだけ一緒にいたいし、いろいろなことを話したいと思うのです。そんなゆいの気持ちに気づいたテレサは、泣きじゃくるゆいを抱きしめるのでした。

というわけで、ニャンコビッグの失踪自体はそれほど驚く内容ではありませんでしたが、それを通じて山下の千明への思い、ゆいの山下への思いが描かれていたのがよかったです。そしてテレサと多田君の関係も、これからどうなってゆくのか期待させるものがありました。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/10636-d8df5c33