日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


新番組のお試し視聴です。元寇の戦いを描いた作品みたいです。

御家人だった朽井迅三郎は、罪人として対馬に流されました。彼らの乗る船は、嵐にもまれて難破しそうな雰囲気です。
罪人たちは手枷で自由を奪われていましたが、船の状態の悪さに縛めを解いて欲しいと訴えます。護衛役人はそれを聞き入れますが、囚人たちはここぞとばかりに逆襲に出ました。

そんな中、迅三郎は元海賊の鬼剛丸らを制圧して船を救いました。鬼剛丸たちの活躍もあり、船はなんとか対馬へと到着しました。そこでは思いがけない歓待が、彼らを待っていました。対馬を治める宗家の娘・輝日姫が、彼らを迎えに現れました。

しかし輝日姫が、彼らを歓迎するのには裏がありました。対馬は今、元による侵略の危機にさらされていたのです。迅三郎たちは、それと戦う兵士として命を賭けることを求められました。事情を知って囚人たちは、この島から逃げだそうとします。しかし武装した兵士たちに囲まれて、牢へと押し込められてしまいました。

その夜、元の先遣部隊が対馬へと密かに上陸しました。彼らは輝日姫を掠って、逃走しようとします。異変に気づいた兵士たちは、それを食い止めようとしますが、上陸した敵は手練れ揃いでした。そこに混乱に乗じて牢から脱出した迅三郎や鬼剛丸たちが現れました。

鬼剛丸はその剛力で、迅三郎は義経流と呼ばれる独特な武術を駆使して敵を倒しました。そのおかげで、輝日姫は敵の手から逃れることが出来ました。しかし最後に残った1人は、迅三郎と同じ義経流の使い手でした。なぜ元の兵士に義経流を使う者がいるのか。その謎はまだわかりません。

こうして迅三郎たちは、敵をとりあえず撃退しました。しかし、それと同時に本格的に高麗に集結していた元の軍船が対馬を目指して出帆しました。圧倒的な数を率いた敵軍と、迅三郎たちはどう戦うつもりなのでしょうか。

物語の導入部としては、けっこう面白かったです。敵にも迅三郎と同じ義経流の使い手がいましたが、義経=チンギス・ハン説なども物語に取り入れられていたりするのかなあ。とりあえず、次回以降も視聴継続の予定です。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/10641-4606a3b6

アンゴルモア元寇合戦記 TokyoMX(7/11)#01新
第1話 率土の最果て流人が対馬に流されてきた。その中には鎌倉幕府の元御家人、朽井迅三郎も含まれていた。迅三郎が捕縛した海賊、鬼剛丸や商人張明福も流されていた。 彼らを出迎えたのは島主、地頭代宗介国の娘、照日だった。お前たちには力いっぱい戦うことを期待します。相手はムクリ、蒙古です。 太宰府経由で鎌倉幕府にお願いしたのです。主たちは対馬のために死んでくれ。高麗の港に水軍が集...

2018.07.12 23:17 | ぬるーくまったりと 3rd