日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


前回の予想どおり、クーたちを襲ったチンピラたちはリアクトしたクーとレンにあっさり撃退されたのでした。また、ラサティも闘技場での戦いに勝ち抜いて、無事賞金を手に入れたのでした。

前回から怪しいそぶりを見せいたマールは、やはり闘技場を牛耳る黒幕みたいです。そうとは知らないラサティは、彼を信じてリィリアを自由にするために必死です。

ラサティたちと別れて町に戻ったクーとレンでしたが、町で仕事を見つけることができず、地下闘技場の賭け試合に参加することになりました。しかし、そこに最後の敵として立ちふさがってきたのはラサティでした。

今回のお話は、先の展開が見え見えでしたね。マールが黒幕なのは、勘のいい視聴者なら前回気がついていたでしょうし、クーたちとラサティが戦うことになりそうなのも何となく予想できましたので。
作品の対象年齢がわからないのですが、もう一ひねりある脚本でもいいんじゃないかと思いました。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/1402-7be0ec42

■エレメンタル ジェレイド 第十唱「愛と欲望の賭闘場(ミリアルド=トレイ)」
 リィリア、レンがエディルレイドなの、気付いて無かったんだ。  びっくりしてたから、私がびっくりしちゃった…。  レンも突然一人で詠唱始めて、攻撃を仕掛けるし。

2005.06.08 04:53 | ゆかねカムパニー2