日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ふたつのスピカ 11 (11)10巻からの続きの、かさねちゃんのエピソードと課外訓練の様子が描かれたお話でした。

かさねちゃんのエピソードは、自分の道を見失ってしまった現在の私と重なる部分があって、とても共感しながら読むことができました。「少しでも、空を向いていよう」というアスミの言葉には、なんだか力をもらった気がしました。かさねちゃんが、自分の道への足がかりを見つけられたように、私も自分の道を見つけ出せたらいいなあと思いました。

課外訓練のお話では、人間にしかできないことについて考えさせられました。自分の経験を独り占めしないで、みんなにそれを伝えてゆくこと。
私が今こうしてブログにいろいろと書けるのも、いろんな人の経験や努力が形になって実現されたものです。お金を儲けるとか、そういうこととは別に(それも大切ですが^^;)、アスミたちのように知識や経験を伝え合ってゆくことができたら素敵だなあと思いました。

また、今回のお話では、仲間ということも考えさせられました。友人、職場の同僚、ご近所、いろいろな仲間がありますが、できる限り前を向いている人たちと付き合ってゆきたいなあと思いました。
私の元の職場は、なにかというと「たいへん」「えらい」が口癖のような人たちが大勢いました。こういう環境では、前向きに仕事をする気も失せてしまいます。仕事を辞めたのは病気が原因ですが、今にして思うと、そういう悪環境から抜け出す良いチャンスだったんだと思えました。

次巻では、とうとうマリカの秘密が明らかになりそうです。どんなお話を見せてくれるのか、とても楽しみです。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/2729-9802759f