日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


キマイラ青龍変買っただけで積読してあったキマイラの最新刊をようやく読み終えました。

このお話は、宇名月典善と龍王院弘の出会いから始まる番外編でした。そして、典善の宿命のライバルともいうべき、馬垣勘十郎との激闘が描かれていました。内容的には、キマイラというより、同じ獏さんの「飢狼伝」や「獅子の門」といった格闘小説のノリでした。

宇名月典善と馬垣勘十郎が、拳銃の弾をはじき返すことができるという設定が面白かったです。銃口の角度からどこに弾が来るかを予測して、そこに弾を貫通しないものを置けば当たらないという理屈はわかりますが、ここまでやるとちょっとやりすぎな気もしました。(^^;

それなりに楽しくて一気に読み終えましたが、番外編もいいけれど本編の続きが読みたいなあという気持ちが残りました。書き続けられてはいるようなので、単行本として発売される日が楽しみです。(^^)
(12/7追記)

青龍変ですが、昔のキマイラのあとがきで獏さんが何か書かれていたことを思い出して、あとがきを拾い読みしてみました。すると青龍変の内容は、龍王院弘と九十九乱蔵(九十九三蔵のお兄さん)の戦いになるようなことが書かれていました。(^^;

そういえば、だったら乱蔵が主人公の闇狩り師・シリーズも読んでおいた方がいいかと思って読んだ記憶がかすかにあります。
結果的には、乱蔵は登場せず、何だかちょっと騙された気分かも。(^^; ま、いっかあ。(笑)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/2742-a5bd743a