日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


前回の戦いから数ヶ月。甲児はマジンガーを操って、あしゅら男爵の機械獣と戦い続けています。

マジンガーは圧倒的な強さで、迫り来る機械獣を倒していました。しかし、それはアフロダイAやマジンガー軍団との連携を無視した、甲児のスタンドプレイだったのでした。さやかはそんな状況に危機感を持ちつつも、機械獣に対する有効手段がマジンガー以外にないことから甲児の暴走を止めることができませんでした。

度重なる失敗に、あしゅら男爵はDr.ヘルから激しい制裁を受けます。このままでは自分の立場が危うくなると悟ったあしゅら男爵は、今までにない規模の機械獣と自らの娘たちを戦いに参加させたのでした。
しかし、そんなあしゅら男爵の暴走も、Dr.ヘルやブロッケン伯爵の思惑通りだったようですね。

一方、甲児はいつまでたってもバードス島の位置を教えてくれない女将に苛立っていました。女将は、今のようなマジンガーの武器に頼った戦い方では、甲児がバードス島へ行っても勝ち目はないというのです。
それでも食い下がる甲児に、女将は1つの課題を与えました。くろがね屋の仲居をしている菊ノ助婆さんの肩を叩くことができたら、マジンガーで出撃してもいいというのです。

甲児は何度も菊ノ助婆さんに挑みますが、抜きん出た技量の持ち主ばかりのくろがね屋でも菊ノ助婆さんは一番の技量の持ち主だったのでした。最初は簡単に考えていた甲児でしたが、軽やかな婆さんの体術に手も足も出ません。

そんな時、あしゅら男爵の引き連れた複数の機械獣が日本に襲いかかってきました。機械獣は各地に分散して、東京、大阪、名古屋とそれぞれの都市で暴れ回っています。それを止めるために甲児は出撃しようとしますが、女将はそれを許しませんでした。

さらに、くろがね屋にはあしゅら男爵の放った刺客・ガミアQ3が甲児の命を狙って迫っていました。
この危機に甲児は、どう立ち向かうのでしょうか!? そして、くろがね屋にずっと滞在していたボスたちに女将が依頼した仕事とは何なのでしょうか!?

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/5135-01c6d61d

真マジンガー 衝撃!Z編 on television 第九話
 え?あれ?5話くらい飛ばしちゃったっけ?いきなり甲児はパイロットスーツ着てるし

2009.05.31 11:38 | ぶろーくん・こんぱす