日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


熱を出して寝込んだ六花。その間にも、葉月と島尾は六花を巡って対立するのでした。

これまで島尾にいろいろと邪魔されてきた葉月は、島尾に現実を突きつけます。いくら今でも島尾が六花のことが好きでも、もう彼の姿は見えないし、声も聞こえない、触ることすらできない。それでも島尾は、六花のことを思うのをやめることができないようです。

そしてお昼休み、葉月は六花をお見舞いします。六花のことが心配だったのでしょうが、これって女性的にはどうなんでしょうね!? 病でやつれた自分の姿を他人に見られたくないと思っちゃわないのでしょうか!?
そんな六花に、葉月は再びモーションをかけます。六花にとっての一番にはなることができなくても、葉月はそれでも六花と一緒にいたかったのでした。

その様子を見ていた島尾は、とうとうそれに耐えきれなくなってポルターガイストを起こしました。全く現実世界と関われなくなったのかと思ったら、少しは不思議な力で六花と関わることができるんですね。ふと思ったのですが、こんな力を使えるなら手紙で六花に思いを伝えるとかできないのかなあ。

仕事帰り、葉月は応援に来てくれたミホさんと食事に出かけました。そこで葉月は、島尾がまだ生きていた頃の写真をみることになったのでした。その写真の中の六花は、とっても素敵な笑顔をしていました。それを見た葉月は、自分は六花をあんな笑顔にすることができるのかと悩むのでした。

どうしても六花と直接コンタクトを取りたい島尾は、葉月に体を貸してくれと言い出しました。どうやら葉月の意識がないときに憑依すれば、自由に体を操ることができるようです。しかし、葉月はそんな島尾の言い分を無視して、六花と島尾の思い出の場所である花屋敷でデートしようと、六花に話を持ちかけるのでした。
それを聞いた六花は、島尾とのことを思い出して泣き出してしまいました。六花の気持ちがどう変わるにせよ、まだもう少し時間がかかりそうですね。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/7410-b5d19623

夏雪ランデブー #3
出会って間もなくそんな事件が(笑) 手いいなぁ。なんか中の人と重なる。 うわ真面目。素敵ですね。 嫉妬可愛いけど切ない。 どらごんぼーる的な← 地団駄がなんか可愛くて。。 割り

2012.08.06 23:14 | 朔夜の桜

夏雪ランデブー 第3話の感想
笑顔へ挑戦。 夏雪ランデブー 第3話の感想です。 夏雪ランデブー 第1巻 初回限定生産版【Blu-ray】

2012.07.23 20:34 | ただなんとなく・・・・・

(アニメ感想) 夏雪ランデブー 第3話
投稿者・全力丘 夏雪ランデブー 1 (Feelコミックス)(2010/02/20)河内 遙商品詳細を見る 風邪で倒れた六花を介抱する葉月を見た島尾(幽霊)は嫉妬と無力感から、葉月に少しの間体を貸し...

2012.07.22 23:32 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

夏雪ランデブー 第3話
「いつか本当に、君のこと殺すような気がする。」

2012.07.22 22:40 | LUNE BLOG

「夏雪ランデブー」第3話
私を抱える骨ばった大きな手……。 風邪で寝込んでいる六花は夢現に若い頃のことを思い出している。 出逢って間もなくのこと。島尾とのデートで盛り上がって飲みすぎた六花は、彼...

2012.07.22 07:18 | ShikI RooM

夏雪ランデブー「第3話 」/ブログのエントリ
夏雪ランデブー「第3話 」に関するブログのエントリページです。

2012.07.21 01:50 | anilog

夏雪ランデブー 第3話
夏雪ランデブー 第3話 2人きりでうれしくてつい呑み過ぎてしまった・・・ 自分は布団にぐるぐる巻きにされ、篤は玄関で寝ていた。 生前の篤は律儀な人物だったようです。紳士

2012.07.20 22:39 | いま、お茶いれますね

夏雪ランデブー 第3話
夏雪ランデブーの第3話を見ました。 第3話 「僕と君が同じ条件で並んでいたら…きっと六花ちゃんは僕を選ぶ!」 「往生際の悪い…」 「絶対だよ、絶対」 「どうやって並ぶん

2012.07.20 22:29 | MAGI☆の日記

夏雪ランデブー 第3話 感想
切ない。 亮介も篤も六花も、三人とも切ないですよ、これは。 風邪で倒れた六花を介抱する葉月を見た島尾(幽霊)は嫉妬と無力感から、 葉月に少しの間体を貸してほしいと提案。 ...

2012.07.20 21:55 | ひえんきゃく

夏雪ランデブー 第3話 あらすじ感想
思い出は鮮やかに------------。 出会ってすぐに意気投合。 浮かれて泥酔してしまった六花。 島尾はそんな六花を介抱し、自分は玄関で眠ってしまっていたようで・・・。 律儀な

2012.07.20 21:17 | ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★

夏雪ランデブー 第3話 あらすじ感想
思い出は鮮やかに------------。出会ってすぐに意気投合。浮かれて泥酔してしまった六花。島尾はそんな六花を介抱し、自分は玄関で眠ってしまっていたようで・・・。律儀な島尾を見て、...

2012.07.20 21:17 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆

夏雪ランデブー 第3話
『風邪で倒れた六花を介抱する葉月を見た島尾(幽霊)は嫉妬と無力感から、葉月に少しの間体を貸してほしいと提案。葉月は一蹴するが、島尾の姉ミホから見せられた在りし日の島尾と...

2012.07.20 20:59 | Spare Time

夏雪ランデブー 第3話
思い出はプライスレス

2012.07.20 20:32 | 真夜中日記ミッドナイトモノローグ

夏雪ランデブー 第3話
「出てってよ 頼むから、じゃないと僕  いつか本当に 君のこと殺すような気がする」 六花を取られたくないと ついに怪奇現象まで引き起こす篤 協力すると言う亮介に 体を貸して欲

2012.07.20 19:54 | WONDER TIME