日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


慎一が異世界の現実を知るお話でした。

いきなり皇帝幼女^^;ペトラルカを怒らせてしまい大ピンチの慎一でしたが、そこは的場さんが大人のしたたかさで切り抜けてくれました。と思ったら、今度はペトラルカの従兄弟のガリウスがオタク文化を否定してきました。オタク文化のことを知りもしないで切り捨てようとするガリウスに、慎一は本気で切れてしまうのでした。

そんな慎一を、ガリウスは斬り捨てようとしました。しかし、ペトラルカがそれをおもしろがって、何とか慎一はその場を切り抜けることができたのでした。しかし、その後で的場から指輪の翻訳機はビデオや本の翻訳までできるわけではないと聞かされて、どうやってオタク文化を伝えたらいいのか慎一は悩むことになるのでした。

そんな時、夜中に起き出した慎一は明かりがついているのに気がつきました。何かと思えば、慎一が与えたお手本を参考に、ミュセルが日本語を覚えようとしていたのでした。昼間は仕事が忙しくて勉強する暇がないというミュセルのために、慎一は夜中に勉強を教えることにしたのでした。

そして慎一は、この国のことをもっと知るために街へと出かけました。そこで出会った子供たちは、戦闘訓練を受けていたり、働いていたりしました。この国では、文字を読めるのは貴族や学者だけだったのです。そして、この国での貴族の地位は絶対的なものでした。貴族に気に入らないことがあれば、下人は問答無用で殴られることさえ当たり前なのです。

この国の実態を少しは慎一が知った時、ペトラルカが訪ねてきました。自らオタク文化を体験してみたくなったのです。しかし、ペトラルカは日本語が読めません。そこで慎一は、ペトラルカのためにマンガを読んであげることになりました。その時、つい慎一はミュセルに声をかけてしまいました。そしてミュセルが日本語が読めることを知ると、途端にペトラルカの機嫌が悪くなりました。ペトラルカは、激しい言葉でミュセルを侮辱しました。

そしてペトラルカが、ミュセルにお菓子をぶつけようとした時、それを止めたのは慎一でした。慎一はペトラルカが傍若無人に振る舞うことが許せなかったのでした。しかし、すぐにペトラルカが皇帝だと思い出して、静かに慎一は自分の思いを伝えました。自分の世界には自由や平等という言葉があること。そして、身分の違いがないことを教えました。

それが何なのか、ペトラルカが本当に理解したとは思えません。でもペトラルカは、慎一に日本語を教えてくれと頼みました。そして、ミュセルに先を越されることは癪にさわると本音ももらしたのでした。かなり危なっかしい状況でしたが、こうして慎一は少しだけオタク文化を伝えることができました。

ペトラルカが帰った後、慎一が書斎によると、そこでミュセルが涙を流していました。慎一が取り寄せた本を読んで、その登場人物に共感して涙を流していたのです。これこそ、オタク文化として伝えたいものですよね。

第1話は微妙なところもありましたが、第2話は凄く良かったです!!!
単なる安易な異世界ものではなく、全く異なる世界とどうやって交流していくのかという大きなテーマが感じられます。登場人物の中では、ミュセルの健気さが光っていますね。
仕事が終わった深夜に勉強する姿を見ていたら、「牧場の少女カトリ」を思い出しました。(/_;)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/8221-bba2d323

アウトブレイク・カンパニー 第2話 萌えるお世話係
自分達の国では20歳以上が大人で、慎一の叫びもペトラルカの美しさに感極まったゆえで、けして侮辱した訳ではないと取り成し、不敬罪での死罪とはならずに済む事に。 しかし、 ...

2013.10.20 23:35 | ゲーム漬け

アウトブレイク カンパニー 第2話 「萌えるお世話係」 感想
ぐぬぬする幼女皇帝が可愛い。

2013.10.20 23:21 | Little Colors

アウトブレイク・カンパニー TBS(10/10)#02
第2話 萌えるお世話係 慎一の幼女発言に怒るペトラルカ皇帝。的場が取り成している間に美埜里が説明する。ペトラルカの従妹、ガリウスが伝道師が若いので オタク文化とは簡単な物ではないのか?慎一がキレて有害かは経験しないと分からない。それを判断できるのが大人だ。今度はガリウスが怒って斬りかかる。ペトラルカが二人の様子を見て面白がる。 的場も何をすれば良いかは分からない。翻訳装置は当人同士でしか伝わ...

2013.10.20 22:17 | ぬる~くまったりと