日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


Amelia Bedelia (I Can Read Book 2)多読です。Peggy Parishさんの「Amelia Bedelia」を読み終えました。

アメリア・ベデリアは、とあるお屋敷でお手伝いさんとして働くことになりました。でも、アメリアの初出勤の日、ロジャース夫妻は出かけてしまいました。でもロジャース夫人は、アメリアにやって欲しいことをメモ書きしておいてくれました。アメリアは、それを見ながら仕事をすることになりました。

でも、その前にアメリアは、夫妻を喜ばせるためにレモンメレンゲパイを作ることにしました。パイが焼き上がるまで、アメリアは仕事に取りかかりました。ところが、夫人の残してくれたメモは不思議なことばかり書いてあります。浴室のタオルを変化させてくれとか、家具に粉をまぶして欲しいとか、カーテンの絵を描いて欲しいとか。

不思議に思ったアメリアでしたが、お金持ちの家ではこういうものかと思って作業に取りかかりました。こうしてタオルは切り抜かれて、家具は粉だらけに、カーテンの絵が描きます。その他にも、電球を外に干したり、お米をメジャーで測ったり、お肉を着飾ったりと、アメリアは大忙しです。そしてパイも焼き上がったところに、夫妻が帰宅しました。

アメリアの仕事ぶりを見たロジャース夫妻は、その仕事ぶりに驚きました。そして、夫人は怒り出してしまいました。でもそんな時、ロジャース氏がレモンメレンゲパイを差し出しました。それを一口食べた夫人は、怒っていたことを忘れてしまいました。パイはそれくらいおいしかったのです。

そして、おいしいパイを焼いたおかげで、アメリアは仕事を続けられることになりました。そして夫人は、アメリアに仕事を任せる時は、正確な言葉を使わなければいけないことに気がついたのでした。

初めて読む作家さんの作品でしたが、お話も楽しかったですし、Fritz Siebelさんのイラストもコミカルでよかったです。

こんにちは。

英語の本をすらすらと読めるなんて凄いなー!

amazonの中身検索で挿絵を見ました。魅力的な絵ですね。フリーハンドで描かれた線が柔らかくて心地よいです。本当に絵が上手な絵師さんだと思いました。

2014.09.07 14:18 URL | さいた #SFo5/nok [ 編集 ]

こんにちは。いつもお世話になります。

すらすらとは読めませんよ〜!(^^;
文と一緒に描かれているイラストに助けられつつ、かなり辞書のお世話にもなっています。多読用に使われている、単語のレベルが調整されている本なのですが、それでも知らない言葉がたくさんあって苦労しています。
内容的な対象年齢は、幼稚園児から小学校低学年くらいだそうです。(笑)

Fritz Siegelさんのイラスト、いいですよね。とっても気に入った絵描きさんなのですが、残念ならが同じシリーズの他の本では、別の絵描きさんに代わってしまっていました。(;_;)

2014.09.07 17:12 URL | 横溝ルパン #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/8876-2873c2fa