日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


Anna and the Fighter: Beginner (Macmillan Readers)多読です。絵本ばかり読むのも飽きたので、もう少し文字が多い本に挑戦してみました。でも、あまり暑い本だと挫折しそうだったので^^;、30ページほどの薄い本にしました。

今回読んだのは、「Anna and the Fighter」です。田舎で暮らしているアンナは、Nairaに住むおばさんのところまで出かけることになりました。初めての一人旅に緊張して、アンナは前の晩はよく眠れませんでした。父に駅まで送ってもらったアンナは、列車に乗り込みおばさんの家を目指します。ところが、その途中でアンナは眠り込んでしまいました。

アンナが目を覚ますと、同じ車両に知らない男がいました。男は醜くて怖そうでした。父親の言いつけを守って、知らない人とは口をきかないようにしていたアンナでしたが、やがて驚くべきことがわかりました。なんとアンナが降りるはずの駅は、もう2時間も前に通り過ぎてしまっていたのです。

泣き始めたアンナを、その見知らぬ男は助けてくれました。しかし、アンナはまだその男のことが信じられません。そんな時、アンナはサムと名乗った男が持っていた新聞を目にしました。そこにはサムの写真が写っていて、「Dangerous Figther」と書かれていました。それを見たアンナは、サムのことを危険な男だと思ったのでした。

アンナは、何とかサムから逃げようとしました。しかし、ほとんどお金も持ってないアンナは、逃げることさえできません。結局アンナは、サムに連れられて、とある街のホテルに到着したのでした。そこにはサムの仲間がいました。彼らも怖くて危険な感じがします。最初は薬を盛られることが心配で、食事さえ拒否していたアンナでしたが、空腹には逆らえませんでした。食事を終えたアンナを、サムは寝室に案内しました。そこで何かされるかとアンナは怯えましたが、サムは何もせず、しっかり鍵をかけろと言い残して立ち去ったのでした。

途方に暮れるアンナでしたが、ベッドに座り込んだとたんに、疲れから眠り込んでしまいました。ぐっすり眠ったアンナは、翌日遅くに目を覚ましました。何とかサムから逃れようと、アンナは部屋にあった紙切れを利用して助けを求める手紙を書きました。それをホテルのボーイが拾ってくれましたが、彼は警官ではなくサムを連れてきたのでした。

そしてサムは、アンナに出発しようと言いました。彼はアンナを、おばさんのところまで送ってくれると言いました。でも、その前に彼にはしなければならない仕事がありました。それはボクシングの試合でした。サムは有名なボクサーだったのです!

サムは試合会場にアンナを連れて行きました。そこでサムの試合が行われるのです。昨晩出会った仲間も、そこにいました。サムが試合の準備をしている間に、仲間はサムについてアンナに教えてくれました。サムは昔、火事になった家から子供を助け出したことがあったのでした。そのおかげで子供は助かりましたが、その時にサムはひどいやけどを負ったのでした。それを聞いたアンナは、ようやく全てを理解したのでした。

そしてサムの試合が始まりました。対戦相手は、サムより若い男でした。長時間にわたる試合で、サムもかなりダメージを受けましたが、最後にはサムが勝ったのでした。控え室に顔を出したアンナは、サムの勝利をたたえました。そして、これまで失礼な態度を取ったことを謝ったのでした。

そしてサムは、約束通りアンナをおばさんのところまで送ってくれました。アンナが無事に到着して、おばさんはとても喜びました。アンナを連れてきてくれたサムを、おばさんは最初は警戒していました。でも、サムが有名なボクサーだとわかると、快く彼を迎え入れてくれたのでした。

YL 1.2〜1.4
総語数 2600語

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/8919-b483ec8f