日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


Magic Tree House #6: Afternoon on the Amazon (A Stepping Stone Book(TM))多読です。Magic Tree Houseの第6巻を読み終えました。今回はジャックとアニーが、アマゾンを旅します。

モーガンを助けるために、4つの特別なものを探す冒険をしているジャックとアニー。今回は、その2つめのものを探すたびに出発します。今回の舞台となるのは、アマゾンの密林です。いつもは元気なアニーが、今回はちょっと心配そうです。どうしたのかと思ったら、アニーは虫や蜘蛛が苦手のようです。しかし、モーガンを助けるためには、アマゾンに行かなければなりません。こうしてジャックとアニー、そして前回の冒険でいろいろと助けてくれたネズミのピーナッツも一緒に魔法の木の家でアマゾンへと向かいました。

到着したアマゾンは、多くの木が密生していて、地面を見ることさえできません。アニーは窓から外に出ようとしますが、そこは実は木の上で地上から150フィート(約46m)の高さがあったのでした。ジャックがそれを本で調べたおかげで、アニーは地上に落ちずにすみました。

森の中は、森の上とはまた別の世界でした。深く密生した森には、あまり光も差しません。そんな時、ジャックとアニーは不思議な音を聞きました。それは軍隊ありが行進する音だったのでした。軍隊ありに捕まったら、ジャックもアニーも食べられてしまいます。2人はアリから逃げて、川へとたどり着きました。そこに運良くカヌーがありました。それを使ってジャックとアニーは、水の上へと逃れたのでした。

しかし、それで安心はできません。水の中にはピラニアもいますし、もっと恐ろしいワニも水の中に潜んでいます。水の上も安心ではないと知ったジャックとアニーは、対岸へと渡ろうとします。最初は蔓を使って岸に近寄ろうとしますが、それは蔓ではなくて蛇でした。驚く2人の前に、一匹の猿が現れました。なぜか猿は、赤いフルーツをジャックたちに投げてきます。

しかし猿は、ジャックたちにいたずらしているのではなく、2人を助けようとしていたのでした。そして猿は、カヌーを操るための棒を見つけ出してくれました。それを使って、ようやくジャックとアニーは岸にあがることができたのでした。しかし、ゆっくりする暇はありません。突然、激しい雨が降り始めました。ジャックとアニーは、猿に続いて森の中へと逃げ込んだのでした。

そこでアニーは、一匹の子供のジャガーを見つけました。アニーが子ジャガーをかまって遊んでいると、密かにお母さんジャガーが近づいてきました。ジャックとアニーは、猿がジャガーの注意を引く隙に、その場から逃げ出すことができたのでした。そこで本を調べたジャックは、夜になると森には吸血コウモリが現れることを知りました。そこで2人は、いったん魔法の木の家まで引き返すことにしました。

しかし、あちこち動き回ったせいで、魔法の木の家がどこにあるのかわからなくなってしまいました。そんな時、アニーは再びピーナッツの助けを借りることにしました。忍者の時代を訪ねた時には、ピーナッツが2人の窮地を救ってくれました。今回もピーナッツは、2人を魔法の木の家まで導いてくれたのでした。

魔法の木の家についたジャックは、準備を整えてもう一度出直そうと提案しました。しかし、元の世界に帰るための本が、どこにも見当たりません。そんな時、2人の前に再び猿が現れました。猿はやはり赤い果物を投げてきます。その時、ジャックはその果物こそが、この世界で手に入れるべき特別なものだと悟りました。そしてジャックがそれに気づいた時、元の世界に帰るための本も見つかったのです。

前の忍者の時代に行った時もそうでしたが、今回の冒険では目的を達成しない限り、元の世界に帰るための本が見つからなくなってしまうようです。しかし、何はともあれジャックとアニーは無事に2つめの特別なものも手に入れることができました。赤い果物は、マンゴーでした。それを月の石と共に魔法の木の家に残したジャックとアニーは、冒険を終えて帰宅したのでした。

というわけで、今回は密林での大冒険でした。いつもは怖い物知らずのアニーが、虫と蜘蛛は苦手というのが、女の子らしくて微笑ましかったです。

YL 2.4〜3.0
総語数 4787語

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9042-d4e389a3