日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


あかりとスミレが、初めての握手会をすることになるお話でした。

あかりがうれしそうにファンレターを読んでいます。それは、東あさひ君からの手紙でした。彼はいつも、あかりにファンレターをくれるのでした。そんなあかりと、スミレが一緒に握手会を行うことになりました。でも2人とも初めての握手会で、どうファンに対応したらいいのかわかりません。そこでアイドルとしては先輩のひなきに相談しました。ひなきは芸歴が長いだけあって、こういったイベントの受け答えも魅力的です。アイドルって、可愛いだけじゃなくて、こうした会話術も大切なんですね。

あかりに手紙をくれるあさひ君は、なんとらいちとノエルちゃんと同じクラスの男の子でした。あさひ君は、あかりのオーディションの時からのファンだったのでした。失敗しても一生懸命がんばるあかりちゃんが大好きなのでした。それを知ったらいちは、アイドル歴の長さを活かして、あさひ君にいろいろとアドバイスするのでした。

この世界のアイドルは、たいていキラキラッターをしているので、それをチェックして情報をつかむのは基本らしいです。さらにテレビ局で待ち伏せして、アイドルに声をかけるチャンスをうかがいます。でも、そんな時もマナーは大切です。自分たちが楽しくても、周囲に迷惑をかけたらそのアイドルが怒られてしまいます。こういった節度も、ファンには大切なことなのでした。

ひなきからアドバイスを受けたあかりとスミレでしたが、練習をしても今ひとつうまくいきません。そんな時、あおいが現れました。あおいは2人に自分の仕事を見せながら、いろいろとアドバイスしてくれるのでした。芸歴が長いあおいは、さすがにファンとの交流も手慣れています。自分がアイドルが大好きだったから、よりファンの気持ちがわかるんでしょうね。(^^)

そして、あおいはあかりたちに、ファンの気持ちになって考えることが大切だと教えてくれました。そして、そんなファンの気持ちは、あかりも知っていることでした。いちごのファンであるあかりは、いちごと1対1で話ができる。それだけでうれしかったのです。そしてあかりは、小手先の技術ではなく、ファン1人1人とまっすぐに向き合うことが大切だと悟ったのでした。

こうしてあかりとスミレの握手会の当日がやって来ました。大勢のファンが、あかりたちに会いたくてやって来ました。そんなファンの1人1人に、あかりとスミレはしっかり向き合いました。そんな2人に、やって来たファンは感激してくれるのでした。しかし、その中にあさひ君の姿がありません。彼は風邪を引いてしまって握手会に来られないのでした。無理しても行かない理由が、あかりに風邪をうつさないためというのが健気です。

そんなあさひ君を、らいちとノエルがうまくサポートしてくれました。握手会に出かけたノエルが、らいちに電話してあさひ君とあかりが話をできるようにセッティングしたのです。そのおかげで、あさひ君は初めてあかりと直接話をすることができました。その上、あかりが自分の手紙をきちんと読んで、名前まで覚えてくれていたことにあさひ君は感激するのでした。

その後のステージもきれいに決めて、あかりとスミレの初めての握手会は大成功したのでした。(^^)

今回は、らいちとノエルというキャラをうまく活かしつつ、あおいの絶妙なサポートもあって、かなりいいお話にまとまっていました。アイドルはファンの笑顔のためにがんばり、そんなファンを見てアイドルも笑顔になれる。いい関係ですね。

そうそう。出番がないかと思っていた珠璃ですが、ちょっとだけ出番がありました! でも早く、また珠璃がメインのお話を見たいです。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9112-b0e910bb

アイカツ! 第111話ディア マイ ファン
アイドル活動10週目(通算111週)新・ファンレター

2014.12.08 18:34 | しるばにあの日誌

アイカツ!「第111話 ディア マイ ファン!」
アイカツ!「第111話 ディア マイ ファン!」に関するアニログです。

2014.12.05 00:08 | anilog