日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ピンチの最終話を救ったのは、思わぬ戦力でした!

最終話の原画の割り当てがどうしても終わらず、ピンチに立たされたあおい。そんなあおいは、業界の大御所アニメーターである、菅野さんのところを訪れたのでした。・・・菅野さんって誰!?と思ったら、エヴァの庵野監督をモチーフにした人でした。(^^;

事前に根回ししてくれたおかげもあり、菅野さんはあおいと会って話を聞いてくれました。菅野は依頼を引き受ける前に、どうして自分に仕事を頼もうと思ったのかを尋ねました。そしてあおいは、この人でなければダメだと思って頼んでいるのではなく、誰でもいいから原画を描いてくれる人を探していたことに気づくのでした。
確かに人に何かを頼まれる時、あなたじゃなきゃダメだと頼まれるのと、とにかくやってくださいと頼まれるのでは、頼まれた人のモチベーションも違ってきますよね。

さらに菅野さんは、あおいは武蔵野アニメーションのスタッフだと知ると、そこにいる凄い人のことを教えてくれたのでした。それはなんと、今風の絵が描けないと言っていた杉江さんだったのでした。そして翌日の会議で、あおいは杉江さんに仕事を依頼することを提案しました。杉江さんは、かってあおいが好きだったアンデス・チャッキーという作品でたくさんの動物を描いていたのでした。

しかし、そんな杉江さんでも、残された期日で全ての原画を仕上げるのは厳しい状況です。そこで杉江さんがラフ原画を描き、それを他のアニメーターがクリーンナップするという2段構えの体制が取られることになりました。そこでクリーンナップを担当するのは、武蔵野アニメーションのベテランスタッフたちです。しかし、彼らは杉江さんの原画を勉強するいい機会だと、これを進んで引き受けてくれたのでした。

こうして「えくそだすっ!」の作業もいよいよ追い込みです。何度もリテイクを繰り返しながらも、ようやく監督も納得できるできばえの作品が出来上がりました。こうしてあおいたちは、厳しいスケジュールをくぐり抜けて、ついに「えくそだすっ!」を完結させることができたのでした。

その裏側では、次の作品の企画が進行していました。武蔵野アニメーションは、次は人気の原作がある作品をアニメ化することになるのでしょうか。そして、そこであおいは、どんな役割を果たすことになるのでしょうか。

今回は、業界パロディーも笑えましたが、その裏側でちゃんと「えくそだすっ!」の馬が暴走する場面が描かれているのが凄かったです。担当されたスタッフの方々、本当にお疲れ様でした。(^^)
今回のキーマンの杉江さんですが、モデルはもしかして森康二さんでしょうか!? 「山ねずみロッキーチャック」にも参加されていましたし、動物の作画では定評がある方でしたよね。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9150-b8d399f6

SHIROBAKO 第12話『えくそだす・クリスマス』 キャプ付感想
SHIROBAKO 第12話『えくそだす・クリスマス』  感想(画像付) 無謀にもアヴァの菅野光明に原画を頼みに行ったあおいちゃん。 菅野からムサニなら杉江茂さんなら描けるだろうと助言される。 実はあおいちゃんが好きなアンデスチャッキーのOPをしたのも杉江さんだった。 ついに杉江さんの活躍する時がやって来た12話です。  

2014.12.26 23:01 | 空 と 夏 の 間 ...

「SHIROBAKO」12話の馬の作画について
SHIROBAKO12話。よかったなぁ。 杉江さん(モデル杉野昭夫)を熱く語る菅野さん(モデル庵野秀明さん)。 その杉江さんの元に武蔵野アニメーションの精鋭が一致団結。 そしてえくそだすっ!の最終話が無事納品。 見事過ぎる、構成だった。 そして難題だったえくそだすっ!の馬の作画シーンも、 本編で見せてくれたわけだがちゃんと凄かった。 馬の躍動感、...

2014.12.26 21:27 | 失われた何か 

SHIROBAKO TokyoMX(12/25)#12
第12話 えくそだす・クリスマス 夜鷹書房の尾之上は冗談だったが菅野に直接電話する。4人は第三飛行少女隊のアニメ化について話す。大手4社も手を上げている、原作者はギブリを要求。先ずは尾之上が希望を述べて、仕様書を要求する。 いきなり菅野光明宅を訪れるあおい。アヴァは96年作で2歳だったがDVDで見たあおい。木下監督もアヴァの演出を担当していたので知り合い。馬の作画は大変で戦闘機が薙ぎ払う演出...

2014.12.26 19:54 | ぬる~くまったりと