日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


洛山対秀徳、ついに決着です!

赤司のエンペラーアイの前に、秀徳の全ての攻撃と防御は無力化されてしまいました。しかし、緑間たちはまだ闘志を失っていません。ここで緑間が秀徳に入部したばかりの頃の回想に入ります。その頃から高尾は緑間にからんできていました。そんな高尾のことを、緑間は疎ましく思っていたのでした。

緑間はすっかり忘れていましたが、中学時代に2人は対戦したことがあったのでした。その時に緑間に徹底的に敗れた高尾は、高校でのリベンジを誓っていました。しかし、なんとリベンジを誓った相手は同じ高校の仲間でした。それでも高尾のバスケに対する気持ちは揺るぎませんでした。緑間に張り合うように練習して、その存在を示したのでした。

厳しい練習の中、入部した多くの者はやめていきました。しかし、緑間と高尾はそれに耐え抜きました。そして、その過程でそれまでの緑間にはなかった、仲間に対する信頼感が生まれていたのでした。そうして完成したのが、ボールをもらう前に緑間がシュートモーションに入り、そこに高尾がパスするという連係攻撃でした。この攻撃なら、いかに赤司のエンペラーアイでも防ぐことができません。

連続してこのシュートを決めた秀徳、あっという間に洛山との差を詰めます。これなら逆転もありうるかと思った時、赤司が意外な行動に出ました。なんと自分のゴールにシュートしたのです。この赤司の行動は、追い詰められて動揺している味方を落ち着かせるためでした。赤司は緊張感が切れていることを指摘しました。そして、大差で気が緩むならと、わざと自殺点を決めたのです。その上、もしもこの試合に負けたなら退部するだけでなく、自らの目をえぐり出すとまで宣言しました。

そんな赤司の叱咤を受けて、洛山の選手たちの目の色が変わりました。動揺から立ち直った洛山は、点を取られれば取り返し、秀徳に差を詰めさせません。そして赤司は、緑間に宣言しました。この試合の残りは、もう緑間にボールに触れさせないと!

その言葉通りに、赤司は緑間と高尾が生み出した連携シュートを攻略します。2人がかりのガードを高尾が振り切り、緑間にパスを出したその瞬間、そこには赤司がいました。赤司は、この連携シュートの弱点を見抜いていました。左利きの緑間がシュートするためには、高尾は緑間の左側からパスする必要があります。さらに赤司は、高尾のイーグルアイまでも見切っていました。全ては完全に赤司の手の中にありました。

こうして秀徳は奮闘したものの、ついに洛山に敗れたのでした。(;_;)
赤司の力はとんでもないですね。エンペラーアイの力も凄いですが、それ以上に状況判断や勝利のための戦略が凄いです。さすがは奇跡の世代を率いてきたリーダーですね。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9251-7f9005ae

黒子のバスケ #56「差し出そう」 感想
絶対は僕だ。 勝利しかその瞳には映らない。 「差し出そう」 あらすじは公式からです。 相手の動きの未来が視える赤司の「エンペラーアイ」を前に、打つ手なしと 思われた秀徳だったが、メンバーの目には再び闘志が宿り、『不撓不屈』の 精神で洛山に立ち向かう! 緑間と高尾の奇策によって一気に差を縮めにかかるが、それに対し赤司は、 あえて自陣にゴールを決め周囲を震...

2015.02.19 22:53 | おぼろ二次元日記2

黒子のバスケ BS11(2/17)#56
第56Q 差し出そう 公式サイトから相手の動きの未来が視える赤司の「エンペラーアイ」を前に、打つ手なしと思われた秀徳だったが、メンバーの目には再び闘志が宿り、『不撓不屈』の精神で洛山に立ち向かう!緑間と高尾の奇策によって一気に差を縮めにかかるが、それに対し赤司は、あえて自陣にゴールを決め周囲を震撼させる。最後まで諦めずに食い下がる秀徳に、赤司は無慈悲な言葉を放つ。 秀徳高校バスケ部の練習は厳...

2015.02.18 15:05 | ぬる~くまったりと

黒子のバスケ 第3期 #06 第56Q「差し出そう」
第56Q「差し出そう」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

2015.02.18 13:50 | Happy☆Lucky