日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


バージルとおばあちゃん、レディ・ペネロープとパーカーがロンドンで起きた大停電の原因を追及するお話でした。

サンダーバード2号には、バージルの他におばあちゃんが乗っていました。2号はロンドンへと向かっていました。ところが、2号がロンドンに到着した時、大規模な停電が発生しました。それは街の灯りを全て消しただけでなく、空中のサンダーバード2号からも電力を奪ったのでした。バージルは必死で機体をコントロールして、なんとか2号を街中へと着地させました。

今回の停電は、とある組織が意図的に仕組んだ物でした。何やら怪しげな装置を使って、ロンドンの周囲から電力を消してしまったのです。ロンドンの渋滞に巻き込まれていたレディ・ペネロープとパーカーは、覆面をした怪しげな人物を追いかけました。そして彼らになりすまして、停電の秘密を探るのでした。

一方、バージルは停電のためにクレーンの中に取り残された女性を救おうとしていました。しかし、国際救助隊の自慢の装備も、電力が使えなくては役に立ちません。弱り果てたバージルを叱咤したのは、おばあちゃんです。そしておばあちゃんは、大切なのは道具ではなくて、誰かを助けたいという強い意志だということをバージルに気づかせたのでした。

女性を救うには、電力を回復させなくてはなりません。バージルもまた、レディ・ペネロープとは別に謎の組織の存在に気がついたのでした。その組織の背後にいたのは、フッドでした。フッドは停電を利用して、大金庫に保存されているユニバーサルキーと呼ばれるユニットを手に入れようとしていたのでした。それがフッドの手に渡れば、世界中の電力を思うままに操ることができるのです。

バージルとおばあちゃん、レディ・ペネロープとパーカーの共同作戦によって、フッドの目論見は阻止されました。そしてバージルはクレーンの女性を救うことができたのでした。今回の事件で、バージルは国際救助隊にとって一番大切なものに気づくことができました。

4話、5話は先行放送で視聴したので、6話が楽しみでした。今回は珍しく、おばあちゃんが大活躍するお話でした。
でも、なんでおばあちゃんが2号に乗っていたのか不思議でしたが、番組サイトを見たらロンドンでペネロープとお茶するために2号で送ってもらうところだったようです。(^^; 大事な救助マシンをそんなことで使うなんて・・・。(笑)

でも万能の科学が人を救うのではなく、誰かを助けたいという強い気持ちを持った者だけが人を助けることができるというメッセージはよかったです。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9574-13354c35

サンダーバード Are Go Eテレ(11/07)#06
第6話 ロンドン大停電 祖母がペネロープと会う為にロンドンへ急ぐバージル、2号で送り届ける。 ところがロンドンに接近すると急に電力ダウンで飛行不能となる。 目の前のロンドンの町も真っ暗だった。 何とか胴体着陸に成功する、誰かがEMF,電磁波で電力送電をストップさせた。 クレーンを操縦する女性が救助を要請する声が聞こえる。 電気が使えず最新の装備が何も使えないので悩むバージル。 祖母が肉体...

2015.11.13 19:20 | ぬる~くまったりとII