日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


べつの言葉で (新潮クレスト・ブックス)ジュンパ・ラヒリさんの「べつの言葉で」を読み終えました。この本は、ラヒリさんがイタリア語で書かれたエッセイと短編を集めたものです。

最初に書店でこの本を手にした時、これまでラヒリの作品を翻訳してきた小川高義さんではないのに気づいて、あれ!?と思いました。その謎は、本を読むことで明かされました。これまでのラヒリさんの本は英語で書かれていましたが、この本はアメリカから移り住んだローマで、イタリア語で書かれたものでした!

ラヒリさんは、自宅ではベンガル語、外では英語という、2つの世界に生きながら、そのどちらにも本当には属していないという思いを抱えていました。これは作品の中にもたびたび現れる、断絶というモチーフともつながります。
そんな中で出会ったイタリア語に魅せられて、ローマに移住する前に20年以上もイタリア語の学習を続けてきたこと。そしてついに、ローマに住むことを決めて移住したことが語られていきます。

しかし、そこでもやはりラヒリさんは疎外感を味わいます。それでもなお、彼女はイタリア語に惹かれずにはいられません。ベンガル語は両親から、そして英語は周囲とのコミュニケーションのために学んだ言語です。しかし、イタリア語はラヒリさん自身が選んだ言葉です。英語ほど堪能ではないので、時にもどかしさを感じもするけれど、それでも収録されているエッセイからは、イタリア語に対するラヒリさんの深い思い入れが伝わってきます。

一緒に収録されている短編、「取り違え」と「薄暗がり」はそんなラヒリさんの現在を写しつつも、やはりラヒリさんの作品らしくもあり、でもこれまでの作品とはどこか異なる雰囲気を感じさせるものでした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9610-4aa09f27