日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


新作アニメのお試し視聴です。初回は1時間SPだと知らずに視聴したのですが、与太郎の関智一さんと師匠の有楽亭八雲の石田彰さんの演技に引き込まれました。(^^)

刑務所から出所した与太郎は、行く当てもありません。しかし、彼には行こうと決めている場所がありました。それは落語の寄席でした。与太郎は服役中に、受刑者の慰問にやって来た八雲師匠の落語を聞いて以来、落語の虜になっていたのでした。自分の生きる道は落語にしかないと決めた与太郎は、八雲に弟子入りしようと寄席にやって来たのでした。

ところが、八雲の車の運転手から、師匠は弟子は取らないと聞いてがっくりします。そんな与太郎を面白いと思った八雲は、与太郎を弟子にすることを認めてくれたのでした。八雲の家には、小夏という女性も暮らしていました。小夏は、八雲と人気を2分した助六という落語家の娘でした。助六が早世して、身寄りのなかった小夏を八雲は引き取ったのでした。

小夏はお父さんの落語が大好きでした。そのため、八雲に引き取られても、八雲には心を閉ざしていたのでした。
しかし、それを与太郎に知られてしまいました。小夏から助六のことを聞いた与太郎は、レコードに収録された助六の落語に魅了されるのでした。八雲の落語は、与太郎が簡単に真似できるものではありませんでしたが、助六の落語は与太郎の気質に合っていたのでした。

そんな中、与太郎のかっての兄貴分がやって来ました。与太郎は以前は、とあるヤクザの元に身を寄せていたようです。
兄貴は与太郎を、再び組に呼び戻そうとやって来たのでした。しかし、今の与太郎には落語があります。そこに顔を出した八雲もはからいで、与太郎は寄席で兄貴も聞いている中で落語を演じることになりました。これまで漠然と落語に取り組んできた与太郎でしたが、兄貴から突きつけられた「なぜ落語なんだ」という言葉が与太郎の落語に命を吹き込むことになりました。それを聞いた兄貴は、与太郎の覚悟を知って去って行ったのでした。

それから与太郎は、八雲師匠の元で学びながらも、ますます助六の落語の入れ込んでいきます。そんなある日、寄席で前座をつとめた与太郎は、師匠の話の途中で居眠りをしてしまいました。そればかりか、いびきをたてて師匠の話に水を差してしまったのです。とっさの機転で、師匠はそれを切り抜けましたが、その後で師匠は与太郎に破門を言い渡します。
しかし、師匠に捨てられた与太郎に行くところはありません。小夏に取りなされて、与太郎は再び入門を許されました。

しかし、それには3つの条件がありました。1つは、八雲と助六の話を全て覚えること。2つめは、かって師匠が助六と交わした約束(2人で落語の生き延びる道を見つけること)を代わりに果たすこと。3つめは、絶対に師匠よりも先に死なないことでした。

そして師匠は、助六との因縁を話し始めました。それが次回からのお話になるようです。

新年早々、凄い作品を見てしまった。そんなうれしさがわき出してくるような作品でした!(^^)
アニメではあるのですが、落語がテーマだけに声優さんの演技力が求められます。それを関智一さんと石田彰さんが、実に味のある演技で魅せてくれました。そんな2人の熱演を邪魔しない、枯れた雰囲気の作画も味わいがあってとても良かったです。

落語の世界に魅了された人間の業を描いている作品だと思ったので油断しないように観ましたが、与太郎の出来心は笑っちゃたり八雲が与太郎と約束を交わす場面はいいなと思いました。

2016.01.24 17:49 URL | シンジン #- [ 編集 ]

個人的には、今のところ今期の新作アニメでは、この作品が一番のお気に入りです!(^^)

2016.01.25 23:21 URL | 横溝ルパン #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9617-65e25b87

噺家の話か
Gremzキーワード:京都議定書! 「ひ」を「し」と言う江戸言葉^^b *新番組*『昭和元禄落語心中』 第一話 与太郎放浪篇・前編 時代は昭和。 刑務所から満期で出所の若い男。 模範囚なのに仮出所なしというのは引受人がいない、身寄りがないということなのね。 そ...

2016.01.10 17:24 | マイ・シークレット・ガーデン vol.2

昭和元禄落語心中「第1話 与太郎放浪篇」
昭和元禄落語心中「第1話 与太郎放浪篇」に関するアニログです。

2016.01.10 07:38 | anilog

昭和元禄落語心中 TBS(1/08)#01新
第1話 与太郎放浪篇 出所して何もない男、向かった先は寄席。刑務所の慰問に訪れた噺家、有楽亭八雲が演じた死神。それが面白くて忘れられなかった。弟子は取らない主義の八雲だが、何を想ったか内弟子に迎えた。 自宅には小夏という女性も暮らしていた。小夏の父親は亡くなった有楽亭助六。八雲とは仲が良かった、彼が亡くなり母も亡くなった小夏を 引き取って育てていた八雲だった。今も父の落語が大好きで練習を欠か...

2016.01.09 23:23 | ぬる~くまったりと

昭和元禄落語心中 第一話 「与太郎放浪篇」
昭和元禄落語心中 第一話 「与太郎放浪篇」です。 さて、土曜日のアニメ感想ですが

2016.01.09 22:27 | 藍麦のああなんだかなぁ