日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


昨日の夕方くらいから、突然iMacの有線LANポートが使えなくなりました。

最初はケーブルの破損、ルーターの異常などを疑いましたが、どちらも問題ありません。次にiMacのネットワーク設定を確認すると、内蔵Ethernetにケーブルが接続されているにも関わらず、ケーブルが接続されていないというメッセージが表示されていました。

システムのプロファイルを確認すると、PCI Ethernet が接続されていません。ネットの情報を参考に、NVRAMやSMCのリセットをしても症状が改善せず、物理的にポートが壊れたのかと落ち込みました。

そんな時、Appleのサポートコミュニティに同じ症状が報告されているのを見つけました。その情報の中に、海外の情報としてシステム起動時に読み込まれるはずのデバイス・ドライバがロードされないエラーがログに記録されていること。そして、その対処方法が紹介されていました。

まず最初に、システムログの確認をします。/private/var/log/system.log の中に AppleBCM5701Ethernet ドライバがロードされなかったというメッセージがあれば、紹介されているケースと同じ状況だと思います。
その後は、紹介されている手順通りTimeMachineのバックアップから、System/Library/Extensions/AppleKextExcludeList.kext を取り出します。いつ頃のものにしようか迷いましたが、私の場合は1ヶ月ほど前のものをコピーしました。

次にそのコピーを、起動ボリュームの分かりやすいところに置いておきます。そして、Macをリカバリーモードで再起動します。リカバリーモードに入ったら、メニューのユーティリティからターミナルを起動して、/Volumes/"自分の起動ドライブ名"/System/Library/Extensions に、コピーしておいた AppleKextExcludeList.kext を上書きします。
上書きが終わったら、kextcache -invalidate /Volumes/"自分の起動ドライブ名" を実行してキャッシュを削除します。

それが終わったら、ターミナルを終了してリカバリーモードを終了します。その後は普通に再起動すれば、ドライバがロードされるようになって、内蔵Ethernet を認識してくれるようになりました。(^^)

ターミナルでの操作を伴いますので、実行は"自己責任"でお願いします。不安な方はAppleから修正版がでるまで、WiFiでネットに接続するようにしてしのぐ方がいいと思います。

2/28 追記
システム環境設定のAppStoreで「システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール」のチェックを外しておかないと、バックグラウンドでドライバを除外する誤った設定がされてしまうようです。

2/28 記事の修正
Appleサポートコミュニティに追加情報が上がっていましたので、記事の内容を修正しました。

2/28 追記2
Appleからこの問題に対応したアップデートが配布されました。詳しくは、こちらの情報を参照してください。
2016.02.28 00:57 | Mac | トラックバック(0) | コメント(0) | .

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9667-f43e1f07