日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


助六が師匠から破門されてしまうお話でした。

師匠の尽力もあって、菊比古と助六は真打へと昇進することができました。しかし菊比古はともかく、助六の真打昇進は落語協会の会長は快く思っていませんでした。そんな会長を挑発するかのように助六は、真打のお披露目の寄席で会長の十八番である噺を演じてしまうのでした。

そんな助六をたしなめるために、師匠は助六を説教しようとします。そこで助六は、このままでは落語が廃れてしまうという話しを持ち出しますが、師匠はそれに耳を貸そうとはしません。そんな師匠の落語を、思わず助六は批判してしまいました。それを聞いた師匠は、ついに助六を破門してしまったのでした。

一方、菊比古とみよ吉の関係もこじれています。時代が進み、みよ吉はこれまでのように芸者を続けることができなくなりました。みよ吉は菊比古に、全てを捨てて田舎で一緒に暮らそうと誘います。しかし、菊比古がそれを聞き入れるはずもありません。

そんな傷ついたみよ吉と、助六が一緒になりました。師匠に破門された助六は、寄席に上がることもできず、みよ吉に養われています。そんな中、みよ吉はこれまでいたお店の売り上げを奪いました。助六との間に子供ができていたみよ吉は、田舎に逃げてそこで子供を産むつもりなのでした。

その頃菊比古は、師匠から八雲の名を譲りたいと聞かされました。助六がどれだけその名前に執着していたかを知っている菊比古は、それを拒否しようとします。しかし師匠の決意は固く、もはや助六が八代目を襲名できる可能性は消えました。

みよ吉と逃げる前に、助六は菊比古の前に姿を現しました。そこで助六は、菊比古への妬ましさを口にしました。どれだけ落語の才能に恵まれていようと、師匠が菊比古を可愛がっていることで助六はずっと苦しんでいたのでした。
そんな助六の才能に嫉妬し、いつもその背中を追いかけてきた菊比古なのに、一緒にこれからの落語会を支えようと誓った助六が落語を捨てようとしています。(;_;)

有り余るほどの落語の才能に恵まれ、時代を超えた先見性を持っていたゆえに、助六は落語会から捨てられてしまいました。そして、人に尽くすことでしか生きられないみよ吉。2人の運命が、あまりに切ないお話でした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9676-fa6adffb

愛されたかったふたり
Gremzキーワード:省エネ! それを言っちゃあおしまいよ・・ 『昭和元禄落語心中』 第九話 助六と菊比古は晴れて真打となりお披露目公演までしてもらったんですね。 師匠は頑張ってくれたんだなぁ。 このめでたい日に会長さんときたら、 助六を真打にするには反対だっ...

2016.03.06 18:52 | マイ・シークレット・ガーデン vol.2

昭和元禄落語心中 TBS(3/04)#09
第九話 助六と菊比古の真打ち披露公演は大盛況。落語協会長は助六に嫌味を言う。それに反発して十八番の演目を演じる助六。 師匠は助六を呼んで説教をする。日本は変わっている、TVも普及し始める。落語も今のままではいけないと持論を熱く語る助六。落語は大丈夫、安泰だと現状維持を望む師匠。それでは駄目だ、だから師匠の落語は古臭いとつい言ってしまう。売り言葉に買い言葉、八雲の名跡は菊比古に継がせる。つい手...

2016.03.06 18:50 | ぬる~くまったりと

昭和元禄落語心中 第九話
昭和元禄落語心中 第九話です。 『昭和元禄落語心中』も1クールであればそろそろ終

2016.03.06 16:59 | 藍麦のああなんだかなぁ