日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ピンチサーバーとして、山口が投入されるお話でした!

京谷の強烈なサーブに苦戦する烏野は、じりじりと青葉城西との点差を広げられていました。そんな状況の中、俺を使えというオーラを放っている選手がいました。それは前の和久谷南との試合で、悔いの残るプレーをしてしまった山口でした。
試合の後、自らの意思で山口は烏養コーチの元へと行っていました。山口にサーブを教えてきた嶋田は、そんな山口の姿に彼の変化を感じていました。自らの間違いを認めて、それに立ち向かう勇気を持った山口は変わると信じていたのです!

山口を投入するためには、なんとしても京谷のサーブを止めなければなりません。強烈なサーブに苦戦しながらも、烏野はなんとかサーブ権を手に入れました。そして後衛に下がった日向と交代で、山口が投入されました。それは今までの、びびりの山口ではありませんでした。今回のヒーローは、そんな山口でした。

試合前に山口は、嶋田からアドバイスを受けていました。主審の笛が鳴ってから、サーブに入るまでが焦りすぎだというのです。サーブを打つまでには、8秒間の猶予が認められています。それを有効に使えと、嶋田は教えてくれたのでした。そして山口の放ったサフローターサーブは、青葉城西のコートにギリギリで入りました!
山口はついに自分の壁を破り、青葉城西へのリベンジに成功したのです!

みんな山口を励ましますが、月島だけは例によってクールな態度です。しかし、そんな月島が誰より、烏野の中で一番サーブ練習をしてきたのは山口だと認めていたのでした。

そして山口の快進撃は続きます。今までの山口は、相手のコートに入れることだけで精一杯でした。しかし今では、どこに打てば得点できるかを考えたサーブを打っているのです。ここで挿入された、バレーにおいてのサーブの持つ大きな意味の解説もよかったです。ブロックに邪魔されず攻撃できる強力な武器。それがサーブなんですね。

そんな山口のサーブも、ついに青葉城西にレシーブされました。しかし、自ら体を張って山口は必死でサーブ権を守り抜きました。そして気がつけば、烏野は青葉城西に追いつき、先にマッチポイントを迎えていたのでした。このまま山口がサーブを決めて、試合を決めそうな勢いでしたが、強豪・青葉城西はピンチの時でも動じません。ギリギリの状態から、サーブ権を奪い返しました。これで山口の役目は終わりました。しかし、山口のおかげで烏野は苦しい状況を一転させることができました。

勢いに乗った烏野でしたが、それを止めたのは及川の強烈なサーブでした。威力重視のそのサーブは、烏野のリベロ・西谷でさえ簡単にはレシーブすることができません。烏野は旭もレシーブに加わり、必死の反撃です。しかし力及ばず、ついに第2セットは青葉城西に奪われたのでした。これで試合は、第3セットの勝敗で決まることになります。

練習試合の頃から因縁のある青葉城西に、烏野は勝利することができるのでしょうか!?

今回は、とにかく山口の大活躍が爽快でした!!!
地道に努力してきた選手が、こういう形で活躍してくれるのは本当にうれしいですね。いつも頼りない表情の山口ですが、今回は顔つきも違っていてかっこよかったです!(^^)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9677-e07b3ecc

ハイキュー!! セカンドシーズン「第22話 元・根性無しの戦い」
ハイキュー!! セカンドシーズン「第22話 元・根性無しの戦い」に関するアニログです。

2016.03.10 08:38 | anilog

究極で 孤独なプレー
Gremzキーワード:カーボンオフセット! 昨日と打って変わってさぶい++; 『ハイキュー!! セカンドシーズン』 第22話 元・根性無しの戦い ずい分気合入れて便所行くんだな 日向も変な感じだなとは思っていたみたいですが、 「トイレに行ったんじゃないと思う...

2016.03.09 23:52 | マイ・シークレット・ガーデン vol.2

ハイキュー!! セカンドシーズン 第22話「元・根性無しの戦い」
第22話「元・根性無しの戦い」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

2016.03.08 08:40 | Happy☆Lucky

ハイキュー!! セカンドシーズン BS11(3/06)#22
第22話 元・根性無しの戦い 23-18で日向のサーブに山口が交代する。和久南戦で安全なサーブを打って自分を許せなかった山口。試合後に烏養コーチを訪れて頭を下げたのだった。トイレに行くと偽って、俺にもう一度チャンスを下さいと直訴した。自らの意志でチャンスをもらってチームの一員として戦う意志を 見せた山口はもう根性無しなどではなかった。 日向は10点取れと送り出す。お前は笛にビビっている、サー...

2016.03.08 00:51 | ぬる~くまったりと