日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ファイナルセットに突入した烏野と青葉城西の試合。両者一歩も譲らない、緊迫した展開が続きます!

烏野と青葉城西の試合も、残すところあと1セットです。因縁のある両校の試合は、どんな形で決着するのでしょうか。
烏野は及川の強烈なサーブに苦戦します。そのせいもあって、第3セットは青葉城西が先行する形で試合が進みます。しかし、烏野も簡単には引き下がりません。追いつかないけれど、離されない緊迫した展開が続きます。

そんな中、京谷は烏野の田中と張り合っています。それを見た月島は、そんな及川の熱くなりすぎているところを利用しました。京谷が田中を狙ってスパイクしていることに気づいた月島は、直前でポジションを入れ替わり、京谷のスパイクをブロックしたのでした。それがきっかけとなり、京谷は一気に調子を崩します。

青葉城西の監督は、すぐに京谷を引っ込めました。そんな京谷に突っかかったのは、控えセッターの矢巾でした。
京谷は人間関係が上手くいかない間も、バレーからは離れていませんでした。社会人などのチームの練習に加えてもらい、京谷は練習を続けていたのでした。そんな京谷を変えたのは、あちこちのチームをさすらっているうちに知り合った清という男でした。彼は京谷が楽な道を選んでいると批判しました。チームとしての苦しさも背負った上でプレーするのが、本当のバレーだと教えたのでした。

そして京谷は、青葉城西へと復帰しました。ブランクがあったことよりも、実力があることを周囲は評価してくれました。それでも京谷は、今ひとつチームになじめないでいました。そんな京谷に、矢巾は先輩の顔に泥を塗るのは許せないと、熱く迫りました。これで京谷は、ようやく頭が冷めました。

コートに復帰したばかりの京谷を、及川は容赦なく使います。その期待に応えて、京谷は凄まじいスパイクを決めてみせたのでした。そして試合は、再び両者が譲らない緊迫した展開になりました。そんな中、日向のスパイクは決まっていませんでした。そして影山が日向をうまく使えていないことを示すかのように、及川は金田一を極限まで使ったスパイクで得点してみせました。

そして勢い込んでスパイクに入った日向は、いつもよりネットに近づきすぎてしまいました。とっさに影山はそれを修正したトスをあげます。このボールは、青葉城西のコート内に落ちたのでしょうか、それともコートを外れてしまったのでしょうか。

因縁の2校対決だけに、谷地さんではないですが、見ているこちらも緊張で胃が痛くなりそうです。(^^;
今ひとつスパイクは決まっていないのに、影山に自分がいたら最強になれると、根拠のない自信にあふれた日向が凄いですね。このところ、日向の活躍はあまり描かれていませんので、そろそろ日向と影山の最強のプレーが見たいです!(^^)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9683-2310aef4

ハイキュー!! セカンドシーズン「第23話 “チーム”」
ハイキュー!! セカンドシーズン「第23話 “チーム”」に関するアニログです。

2016.03.16 08:38 | anilog

このチームで越えてゆく
Gremzキーワード:食物連鎖! 部屋の中はぽかぽかで、外は冷たい風でした++; 『ハイキュー!! セカンドシーズン』 第23話 “チーム” 及川のサーブは決まるし狂犬ちゃんも向こうのエースも絶好調。 烏野は我慢の時です。 接戦で大きく離されはしないけど1度もリ...

2016.03.16 01:17 | マイ・シークレット・ガーデン vol.2

ハイキュー!! セカンドシーズン BS11(3/13)#23
第23話 チーム セットカウント1-1で迎えた第3セット。宿敵との大一番、俺たちはこのチームで青葉城西を超える。及川のサーブから始まる、とにかく上げろとしか言えない危険なサーブ。田中と京谷がお互いに意識しあって張り合っている。狙われたら狙い返すと意地の張り合いだった。それに気づいて利用した月島が完璧なブロックで止める。青葉の武器の一つである京谷のスパイクを止めたことでチャンスが 訪れたと気合...

2016.03.14 20:17 | ぬる~くまったりと

ハイキュー!! セカンドシーズン 第23話「チーム」
第23話「チーム」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

2016.03.14 19:37 | Happy☆Lucky