日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ヒッグス粒子の謎(祥伝社新書290)ニュースでもよく見かけるヒッグス粒子とは何かを知りたくて、この本を手に取りました。

ニュースなどでも時折その言葉を目にするヒッグス粒子。重力に関わる何からしいことは聞いたことがあるのですが、もう少し詳しく知りたくて、この本を読みました。一般人にもわかりやすい文章で、最先端の分野では何を研究していて、どんな理論を実証しようとしているのかが、よくわかりました。そして説明の過程で、これは今わかっている、これは今はわからないと、はっきりと説明されているのもよかったです。

第1章と第2章で、ヒッグス粒子とはどんなもので、どうやってそれを調べているのかが解説されています。続く第3章では、それまでの内容を踏まえて真空は何もないわけでなく、なぜヒッグス場と呼ばれる状態になっているのかが説明されます。そして第4章では、これからの研究テーマとして超対称性理論と余剰次元理論が紹介されています。
正直、この第4章はわかったような、わからないような・・・。(^^; 超対称性とか、超弦理論とか、この分野には妙に中二心をくすぐるネーミングが多いかも。(笑)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9696-83903390