日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ハヤテとフレイアに、試練が訪れるお話でした。

ウィンダミア王国は、じょじょに勢力範囲を広げています。そんな中、Δ小隊のエース・メッサーは、ミラージュたちにダメだしをします。しかし、その場にいたハヤテには何の指摘もありません。憤るハヤテに、メッセーは今のハヤテのレベルは問題外だと斬り捨てます。結局、ミラージュはあまりに基本に忠実すぎて簡単に次の行動を予測されることが問題で、ハヤテはあまりに常識外れで基本が全くできてないのが問題なのでした。

一方、フレイアも美雲から厳しい指摘を受けていました。多くの統合軍兵士にヴァールシンドロームを発生させるウィンダミアの歌声と違い、フレイアの歌声からは何も感じるものがないとバッサリきられました。しかし、ハヤテもフレイアも、それで落ち込んではいられません。次の戦いでリベンジすると誓う2人の息はぴったりです。

そして再び、ハヤテたちは戦いに赴きます。今度の戦いは、宇宙空間です。さすがにそこではワルキューレも最前線には出て行けないので、後方でバリアに守られながらの戦いとなります。この戦いで、Δ小隊のエース・メッサーと空中騎士団のエース・キースが激突することになりました。圧倒的な技量を持つ2人の戦いには、ハヤテたちはついて行くことさえできません。

そんな中、防衛網を突破した敵がワルキューレに迫ります。そこでフレイアは、敵から裏切り者と呼ばれてショックを受けるのでした。絶体絶命のワルキューレを救ったのは、引き返してきたハヤテでした。何度も敵にロックオンされながらも、ハヤテはその信じられない機動で敵の追撃に反撃します。それに負けじとミラージュも奮戦しますが、空中騎士団の古株ヘルマンと新米パイロットに攻撃されて大ピンチでしす。

そんなミラージュを救うために、ハヤテは新米パイロットを撃墜することになるのでした。いつかその日が来ることを知りつつも、初めて人を殺してしまった重さをハヤテはかみしめます。そして敵の言葉に動揺したフレイアには、美雲からなぜ歌うのかと厳しい問いを投げかけられるのでした。

重荷を背負ったハヤテを励ましたのは、フレイアではなくミラージュでした。そんな2人の前に、フレイアは出て行くことができませんでした。ハヤテ、ミラージュ、フレイアと、いい感じで(?)三角関係になってきましたね。(^^;

そして気になるのは、ウィンダミア王国にある大きな傷跡でした。大地の一部がえぐられていましたが、そこでかって何があったのでしょうか!?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9737-72b31780

マクロスΔ Mission 06 「決断 オーバーロード」
 メッサーも美雲も厳しいですけど、その裏には微妙な優しさがありますね。

2016.05.21 08:20 | つれづれ

マクロスΔ「Mission 06 決断 オーバーロード」
マクロスΔ「Mission 06 決断 オーバーロード」に関するアニログです。

2016.05.12 10:38 | anilog

マクロスΔ 第6話「決断 オーバーロード」
マクロスΔの第6話を見ました。 第6話 決断 オーバーロード ヴァール化して操られた兵達を前にケイオスも新統合軍もじりじりと押されていく中で実戦でコクピットではなく敵機の翼ばかりを狙うハヤテはそんな甘い考えでは命を落とすとメッサーから厳しい言葉を投げられてしまう。 「ミラージュ、お前もだ」 「空中騎士団は兎も角、新統合軍のパイロットも操られているだけです」 「隊長や...

2016.05.11 21:04 | MAGI☆の日記

命がけで、何のために/マクロスΔ6話感想
 OP/EDシングルが本日発売なので購入ー。個人的にはED曲「ルンがピカッと光ったら」が1番好きですね、主に先週の影響でw

2016.05.11 21:00 | Wisp-Blog

マクロスΔ TokyoMX(5/08)#06
第6話 決断 オーバーロード 戦闘シミュレーションでメッサーが教官として指導する。ハヤテもミラージュも相手を殺すことを躊躇って翼しか狙っていない。隊長も同じだが補えるだけの技術がある。ハヤテは論外、ミラージュは教科書どうり、次の行動が読める。インメルマンダンスは先が読めない、操縦センスだけは認めよう。 ウィンダミア連戦連勝で他の星々を勢力下に収めている。辺境の地では新統合軍中央からの支援は期...

2016.05.11 14:04 | ぬる~くまったりと