日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


D機関はソ連の協力者モロゾフから極秘情報を得ようとします。ところが、田崎が接触する前にモロゾフは暗殺者の手によって抹殺されていたのでした。

今回の物語の舞台となるのは、新京から大連までを結ぶ満州鉄道のあじあ号です。そこで田崎は、モロゾフから情報を受け取るはずでした。しかし、彼がモロゾフに接触しようとした時、既にモロゾフは暗殺者の手によって殺されていたのでした。暗殺されることを恐れていたはずのモロゾフが、なぜ背後から刺殺されていたのか。田崎はその理由を考えます。

そんな田崎の協力者となったのは、同じ列車に乗り合わせた男の子たちでした。彼らの母親はおしゃべりに夢中で、彼らは退屈しています。そんな男の子たちに、田崎はちょっとした任務を与えました。2〜3日前の新聞を読んでいる男を探し出し、男がモロゾフを殺した現場に残したタロットカードを足下に置いてきて欲しいと頼んだのです。

さらに田崎は、男の子たちにちょっとした問題を出しました。奉天から大連まで、あじあ号よりも早く手紙を届けるにはどうしたらいいかという問題です。この時代、あじあ号は最速の列車として知られていました。その列車よりも速く、手紙を届ける方法を知りたくて、男の子たちは田崎に協力するのでした。

男の子たちは、見事に目的を果たしました。そして田崎は、暗殺者の正体をつかんだのでした。暗殺者の正体は、列車の中で疑われない人間でした。暗殺者は車掌になりすましてモロゾフに接触したのです。さらに、モロゾフは1人ではありませんでした。彼と一緒に踊り子のエレーナが、モロゾフが裏切ることを内通していたのでした。

暗殺者を眠らせた田崎は、エレーヌに自分たちの手札として使われることを提案しました。そして田崎は、モロゾフが手に入れた情報を手に入れたのでした。しかし、その情報を電信などを使って伝えれば、敵に悟られてしまいます。そこで田崎が用意していたのが、伝書鳩でした。それを使えば、ハトはあじあ号よりも早く情報を結城中佐の元へと届けることができるのです。田崎が男の子たちに出した問題の答えが、結城中佐への情報伝達手段だったのでした。

今回は、あじあ号のおしゃれな雰囲気と偶然出会った子供をうまく利用する田崎のスタイリッシュさが印象的でした。
しかしD機関が手にした情報は、必ずしも陸軍内でうまく活用されていませんでした。かってD機関に借りを作ってしまった武藤大佐と、彼の上役はD機関を抹殺する計画を立てているようです。
それにD機関がどう立ち向かうのか、これからが気になります。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9738-45511340

ジョーカー・ゲーム「第6話 アジア・エクスプレス」
ジョーカー・ゲーム「第6話 アジア・エクスプレス」に関するアニログです。

2016.05.12 10:38 | anilog

【ジョーカー・ゲーム】 第6話『アジア・エクスプレス』 キャプ付感想
ジョーカー・ゲーム 第6話『アジア・エクスプレス』 感想(画像付) 同じ列車に乗り合わしたショタも使うD機関(笑) なかなか優秀なショタたちでしたw その場にあるものを利用するのもスパイのやり方か? 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

2016.05.11 22:34 | 空 と 夏 の 間 ...

ジョーカー・ゲーム TokyoMX(5/10)#06
第6話 アジア・エクスプレス 新京を発車して大連行きの特急あじあ。その列車内でソ連のモロゾフと情報交換をする予定だった田崎。しかしモロゾフがトイレで殺害されていた。犯人はスパイを許さない組織の可能性が高い。犯人は暗号の新聞を奪って次の停車駅、奉天で降りるはず。それまでに新聞を取り戻す、奉天までは50分。 列車の旅に飽きた子供たちが田崎のカード扱いを見て 手品師かと問いかける。3人の子供たちと...

2016.05.11 18:32 | ぬる~くまったりと

ジョーカー・ゲーム 第6話「アジア・エクスプレス」
第6話「アジア・エクスプレス」 少年探偵団!?

2016.05.11 18:30 | いま、お茶いれますね