日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]TV本編とOVA、劇場版がセットになったBoxが発売されるまでは^^;、と思っていた「ガールズ&パンツァー 劇場版」ですが、思わぬ臨時収入があったおかげでBlu-rayを購入することができました!

映画館には見に行けなかったので、これが初視聴です。冒頭から、大洗女子の面々がドンパチやっているのには驚きました。優勝記念のエキシビションマッチで聖グロリアーナとプラウダの合同チームと戦っていました。大洗女子の助っ人は、知波単学園という弱小っぽいチームです。知波単は、突撃が学園の持ち味らしく、戦力差や状況を考えずに、すぐに突撃しようとする困ったチームでした。(^^;

前半は大洗・知波単チームが優勢でしたが、途中で戦局をひっくり返されて、西住隊長たちが善戦したものの敗北を喫することになりました。しかし、さらなる驚きが大洗女子には待っていました。なんと突然、学校の廃止が決定したというのです。戦車道の大会で優勝したら学校が存続できるというTV版の展開が、いきなりひっくり返されてしまいました。

文部科学省の役人が言うには、生徒会長との約束は口約束であった上に、廃止を中止するとまでは言ってないと、あくまでも強硬な姿勢です。その裏には、数年後に開催される戦車道の世界大会に向けての思惑があるようです。
こうして学校を追い出された大洗女子の面々は、移行先が決まるまで陸の上で暮らすことになりました。幸い、戦車道チームは全員そろって、廃校となった学校で暮らすことができました。本当は戦車も没収されるところでしたが、サンダースの粋な計らいで、なんとか戦車だけは確保したのでした。

この状況で一番荒れてしまったのは、風紀委員をしていたそど子でした。しかし、その間にも水面下では生徒会長が学校の存続に向けて動いていました。その間、学校の運営は桃ちゃんたちが引き受けます。桃ちゃんはこういう時、一番大泣きしそうな感じでしたが、会長が動いている限り何とかしてくれると信じていました。

そして、そんな桃ちゃんの信頼に応えて、会長は学校存続の道を見つけ出しました。しかし、それはいつものように、限りなく不可能に近い道でした。今回、大洗女子と対戦するのは、大学生の選抜チームでした。このチームは、なんと社会人のチームにも勝利していました。それを率いるのは、西住流と共に名を知られる戦車道の名家・島田流の島田愛里寿でした。彼女はまだ13歳ながら、飛び級で大学に進学してしまった天才少女です。

さらに追い打ちをかけるように、大洗女子に不利な条件がありました。今回の対戦では、戦車30台まで投入することができる上、勝敗の決定はフラッグ車の撃破ではなく、全車両の撃破で決まる殲滅戦でした。8台の戦車しか持たない大洗女子は、いきなり大ピンチです。いくら西住隊長の戦術が優れていても、この条件では勝利は絶望的です。

しかし、これに勝たなければ大洗女子は存続できません。そして、そんな大洗女子を助けるために、これまでのライバルたちが一時的に大洗女子に編入して助けてくれることになりました。この時、ライバルたちがちゃんと大洗女子の制服を用意していたのは、かなり貴重な映像ですね。(^^;

そして、大洗女子の運命を賭けた戦いが始まりました。しかし、何としても大洗女子を潰したい文部科学省の役人は、この対戦に間に合わせるように、対戦規定に変更を加えていました。なんと60cmの砲身を持つ、カール自走臼砲が戦いに投入されていたのです。序盤で戦略的に優位なポイントに布陣した大洗混成チームでしたが、カール自走臼砲の圧倒的な砲撃に大苦戦することになるのでした。

そして戦いの舞台は、西住隊長も大好きな「ボコられグマのボコ」のテーマパークへと移ります。そこは不人気だったらしく^^;、廃墟となっていたために、戦車道の対戦場所として選ばれたようです。西住隊長と同じく、ボコファンの愛里寿の白熱した戦いがそこで繰り広げられることになりました。

その結末までは書きませんが、みほとまほの西住姉妹の共闘は見応えがありました!(^^)

TV本編でも登場人物が多い作品でしたが、今回は対戦相手の選抜チームに加えて、これまでに名前くらいしか登場してなかった学校まで味方に加わり、各キャラを把握するだけでもたいへんでした。(^^;

視聴し始めた最初は、いきなりエキシビションが始まったので驚きました。TV本編を見てない人は、いきなり置いてきぼりになったんじゃないかと心配になりました。これが意外と長かったので、劇場版に期待していたのは、こういうお祭り的な雰囲気じゃないのに〜と、ちょっとだけ後悔しました。

でも、お話が大洗女子の存続問題の再燃に発展してからは、本当に面白かったです!
強いて言うなら、対戦相手の大学選抜の強さが今ひとつわからなかったので、物語の序盤で大学選抜の強さをもっと強調してもよかったんじゃないかと思いました。

そしてプラウダが大学選抜の猛攻を受けた時、カチューシャを守るためにノンナたちが盾になる場面にはぐっときました。いつもは暴君のような言動のカチューシャですが、ノンナたちに心から崇拝されているんですね。(;_;)

それから新キャラとして登場した継続高校は、快速な戦車で大活躍でしたね。
そうそう。ミカが演奏していた楽器、どこかで見たことがあるようなと思ったらフィンランドの民族楽器カンテレでした。世界名作アニメ「牧場の少女カトリ」を見てフィンランドに興味を持った時、フィンランドのことを調べていて知りました。今ほどインターネットが充実してない時だったので、カンテレ演奏を聴くのにとっても苦労したことも、今ではいい思い出です。(^^)

そうそう。1年生チームは、今回もがんばってました。エキシビションでは、紗希のまさかのボケで撃破されてしまいましたが^^;、テーマパークでの戦いではちゃんと見せ場がありました。
そして生徒会チームは、相変わらず無茶な戦いぶりでした。踏み台にされるわ跳ねるわ飛ぶわ、あれで中の人間がよく無事だな〜と感心してしまいます。(^^;

今回は登場キャラが多かったこともあってか、沙織や華、優花里、麻子の見せ場がちょっと少なかったですね。
特に優花里は、敵情を視察したお手製ビデオの第3弾があるかと、ちょっとだけ期待していました。(^^;

というわけで、いろいろと書いてきましたが、正直いって一度見ただけでは見落としているところが多そうなので、後日また再視聴、再々視聴していきたいと思います。(^^)

おはようございます。

臨時収入様様ですね~!

少し値段設定がお高めですが、それに相応しいくらいの出来栄えになっていましたよね。情報量が多いので見応えもあったし、いろんな意味でサービス満点な作品だと思いました。

僕も購入したその日にプロジェクターで観て、今はテレビにて2回目の鑑賞をしている最中です。何回も劇場に通った人の気持ちがわかりましたよ~遊園地アクションが面白すぎ~

新キャラでは知波単学園の日本軍ネタが笑えました。まるでケロロ軍曹!?(笑

僕も感想を書かなくちゃ!ではでは~

2016.05.31 10:05 URL | さいた #SFo5/nok [ 編集 ]

おはようございます。コメントありがとうございます。

本当に臨時収入様様です。お世話になっている方の、無報酬のお手伝いのつもりだったのですが、過分な報酬をいただいてしまいました。
この時期にこういう報酬があったのは、ガルパン劇場版を買えという天の声な気がしたので^^;、ありがたく使用させていただきました。

さいたさんは、プロジェクターで視聴されたんですね。情報量が多い作品なので、大画面で見るとより作品を楽しめそうですね。
遊園地の場面は、さまざまなアトラクションがあるのを利用して、戦いの舞台がいろいろと変わるのも楽しかったですね。(^^)

それでは、さいたさんの感想も楽しみにしています!

2016.05.31 11:19 URL | 横溝ルパン #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9755-9e3ac868

ガールズ&パンツァー 劇場版
ガールズ&パンツァー 劇場版に関するアニログです。

2016.06.02 11:08 | anilog