日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


地下室の手記 (新潮文庫)ドストエフスキーの「地下室の手記」を読み終えました。

池澤夏樹さんの「世界文学を読みほどく」を読んで、まずはドストエフスキーからと思ったものの、いきなり「カラマーゾフの兄弟」を読むのはボリュームがありすぎて圧倒されたので^^;、文庫で250ページほどのこの作品を読んでみることにしました。

物語の主人公は、元はとある官吏だったけれど、ちょっとした遺産が手に入ったことから仕事を辞めて、地下室に引きこもり生活を送っています。そんな彼が書いた手記を、著者であるドストエフスキーが世間に発表したという形式の物語です。

物語は2部構成です。第1部では、引きこもり生活をしている主人公がこの手記を書くに至った動機などを語っています。第2部は、彼がまだ官吏として働いていた時代に起きた出来事が語られます。主人公はかなり自意識過剰で、知性は高いけれど人づきあいは下手で、かなり痛々しい人間として描かれています。

読み始めた当初は、主人公のあまりの痛々しさに、読むのが辛いところもありました。しかし読み続けていくうちに、主人公の持つ痛々しさは、自分の中にもあるものではないかと思うようになりました。主人公はかなり極端な人物として描かれていますが、その高慢さ、姑息さ、醜悪さは大なり小なり、あらゆる人間が抱えているものだと感じました。
それゆえに、この作品は誰もが引き込まれる要素を持った作品だと思いました。

この作品を読んでいて、中島敦さんの「山月記」を思い出しました。そこに登場する隴西の李徴も、優秀だけれど傲慢で、下級官吏に身を落としたことが原因で、ついに発狂して虎に変じてしまいます。そんな李徴の哀れさと、「地下室の手記」の主人公の哀れさには、通じるものがあるような気がしました。

「罪と罰」でもそうでしたが、ドストエフスキーの作品は登場人物が雪崩のようにまくしたてるように話す、勢いが印象に残りますね。そのテンポの良さのおかげで、先へ先へとページを進めて、気がついたら1つの作品を読み終えていた感じです。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9794-0c7b95ed