日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


アルスラーンの海賊退治のお話でした。

海賊の莫大な宝を軍資金にするために、ダリューンたちは海賊の根城を目指します。しかし、それはナルサスの旧友で、海賊たちの黒幕、シャガードの罠だったのでした。兵力が手薄になったギランの街に、シャガードに導かれた海賊たちが攻め込んできました。

牢獄を襲って仲間を救出した海賊たちは、アルスラーンのいる王太子府を目指します。アルスラーンは門を固く閉ざし、これに応じます。アルスラーンの側にいるエラムとアルフリードが防戦しますが、海賊の大群に囲まれて苦しい状況です。

それを救ったのは、ゾット族を援軍として引き連れたナルサスでした。ナルサスは、海賊の財宝がシャガードの罠だということを見抜いていました。しかしナルサスは、あえてシャガードの策にのり、海賊たちを率いる真の黒幕を明らかにしたのでした。

援軍に駆けつけたのは、ナルサスだけではありません。ギランの総督を命じられたグラーゼも、街の人々を励まして自らの手で街を守らせます。さらにダリューンやファランギースも現れて、海賊たちは完全に翻弄されました。

逃げ出したシャガードを、ナルサスは追い続けます。そして戦いは、海の上へと移りました。ナルサスは、かっての友人が理想を見失ってしまったことを嘆きます。しかし、今のシャガードにはナルサスの言葉は届きませんでした。そればかりか、今のシャガードにはアルスラーンという人物の懐の深さを見抜く目も失われていたのでした。

グラーゼとともにナルサスを追ってきたダリューンは、海賊たちをなぎ倒します。そしてナルサスも、アズライールの助力を得て、シャガードを捕らえることに成功したのでした。

捕らえられたシャガードは、アルスラーンの前に引き出されました。これまでのシャガードの悪行を考えれば、死罪でもおかしくないところですが、アルスラーンはシャガードに1年間奴隷として働くように命じました。自ら奴隷となって、自分がこれまで行ってきたことを顧みさせようとしたのでした。

シャガードは、そんなアルスラーンの甘さをあざ笑います。奴隷から解放された時、シャガードはアルスラーンに復讐すると言い放ちます。しかし、アルスラーンの側にはダリューンという心強い仲間がいます。彼がいるかぎり、シャガードはアルスラーンに指一本ふれることもできないでしょうね。

こうしてギランの街は、ようやく海賊の脅威から解放されました。そんなアルスラーンのもとに、エクバターナから2人の客人がやって来ました。それは前回、エクバターナから脱出したエトワールとメルレインでした。アルスラーンの前に現れたエトワールは、敵であるアルスラーンにエクバターナに向かい国王を救って欲しいと嘆願するのでした。

海賊問題がようやく解決したと思ったら、今度はパルスにとっては敵であるルシタニア人のエトワールから、国王を救って欲しいとお願いされたアルスラーン。その願いを彼は聞き届けるのでしょうか。それとも、別の選択をするのでしょうか。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9838-088002e8

アルスラーン戦記 風塵乱舞 第7話 『虹の都』 ナルサスの知恵を持ってしてもアルフリードからは逃れられない...気がする。
アルフリード様の旦那様の戦だ!ただでさえアルフリードから言い寄られているのに、配下のゾット族の力まで借りたナルサス。もう外堀内堀も産められた大阪城状態。これで結婚しないとか言ったら殺されそう。 今回のアルスラーン戦記はお宝捜索。今までに無くノリが軽い感じがする。そう思ったら違いましたね。 実はシャガードの策だった!サフディー島に金貨一億枚。誰が数えたんだよというツッコミ。子供の「罰金一億万円...

2016.08.16 23:21 | こいさんの放送中アニメの感想

アルスラーン戦記 風塵乱舞「第七章 虹の都」
アルスラーン戦記 風塵乱舞「第七章 虹の都」に関するアニログです。

2016.08.16 13:38 | anilog