日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


宇宙になぜ我々が存在するのか (ブルーバックス)村山斉さんの「宇宙になぜ我々が存在するのか」を読み終えました。

先に読んだ同じ著者の「宇宙は何でできているのか」は、少し難しい感じでしたが、今回読んだこの本の方が素人にも取っつきやすい感じでした。

我々の住んでいる宇宙は、どうやって出来上がったのか。それを素粒子をキーワードに説明されています。この本の中で特に興味深かったのは、物質と反物質は対生成によって生まれ、対消滅によって消えること、2つがそろって生まれたり消えたりするのなら、どうして今我々が住んでいる宇宙は消えずに残っているのか、ということでした。

その謎を解くキーになるのが、ニュートリノではないかと著者は考えています。その説明が本の中心ですが、様々な例えでニュートリノの不思議が説明がされていて、ともてわかりやすかったです。(^^)

本の最後では、2013年時点でわかっていることをもとに、私たちの住む宇宙がどうやって出来上がったのかが解説されます。この先もっとニュートリノの研究が進めば、宇宙誕生の100億分の1秒後くらいまでわかるようになるかもしれないというのも、楽しみですね。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9843-d172d475