日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


完訳 ハックルベリ・フィンの冒険―マーク・トウェイン・コレクション〈1〉 (ちくま文庫)マーク・トウェインの「ハックルベリ・フィンの冒険」を読み終えました。

池澤夏樹さんの「世界文学を読みほどく」を読んだことがきっかけで、ついにマーク・トウェインの「ハックルベリ・フィンの冒険」を読むことができました。池澤さんが紹介されていた本が、加島祥造さんの翻訳によるものだったことも、読み切ることができた大きな理由でした。

物語は、「トム・ソーヤーの冒険」の後日談として始まります。トム・ソーヤーとの冒険で大金を手に入れたハックでしたが、大酒飲みで暴力を振るう父親から虐待される生活は続いていました。そんな父から逃れるために、ハックは自分が死んだように装って、ミシシッピー川を下る冒険へと出かけることになるのでした。

ところが、その途中でハックは知り合いの黒人奴隷ジムと出会いました。ジムは家族と離ればなれにされて、他に売り飛ばされるのが嫌で逃げ出してきたのです。そんなジムと一緒に、ハックは川を下る旅を続けることになりました。最初はカヌーで旅していたハックですが、途中で大きな筏を見つけてそれに乗って冒険を続けることになりました。

この時代、南部では黒人奴隷の売買が当然のように行われていました。しかしジムと旅する中で、ハックはジムの優れた人間性に気づいていくことになります。その当時黒人が自由になれるのは北部だけでした。しかし、ハックたちの筏は南へ南へと進んでいます。果たしてジムは、自由の身になれるのか、それが物語を読み進める力になりました。

ところが、途中から物語はおかしな方向に進み始めます。ハックとジムの旅に、詐欺師の王様と公爵が加わると、物語がそれまでのように面白くなくなりました。さらにハックが、トムの伯母の家へとたどり着き、そこでトムと再会すると、物語は決定的につまらなくなりました。

せっかくここまで読んだからと、何とか最後まで読み通しましたが、この物語が最初から最後までハックとジムの冒険物語だったらと思わずにはいられませんでした。「あとがき」を読むと、ヘミングウェイもこの本の31章以降はごまかしだと言っていたそうですから、後半がつまらないと思うのは私だけはなさそうです。(^^;












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9859-3027a713