日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


新番組のお試し視聴です。原作つきのアニメが多い中、オリジナル・アニメ作品ということで興味を持ちました。

欧州のゲルマニア帝国は、その強力な軍事力を背景に近隣の国々への侵攻を開始しました。そんな中、フィーネ皇女の祖国・エイルシュタット公国もゲルマニアの侵攻を受けようとしていました。それを回避するため、フィーネはわずかの護衛と共にブリタニアの助力を得ようと交渉に赴きました。

しかし、そんなフィーネの動きはゲルマニア諜報部に知られることとなり、フィーネはゲルマニア兵に捕らわれそうになりました。フィーネの機転で、列車が鉄橋を渡った時に川へと飛び込んで難を逃れましたが、護衛の1人が犠牲になってしまいました。

それでもフィーネは、何とかブリタニアとの交渉に向かうことができました。ところが、その交渉の最中にゲルマニアがエイルシュタットに侵攻したという情報がもたらされました。その上、交渉中のフィーネは、ゲルマニア諜報部に捕まってしまったのでした。

ゲルマニアは、フィーネを侵攻の交渉材料として利用するつもりのようです。そんな中、フィーネを護送する輸送機の中にあった不思議な棺が、突然動き始めました。その中にいたのは、幼い日にフィーネが出会った、イゼッタという名の魔女だったのでした。イゼッタの力で、フィーネは輸送機から脱出することができました。

フィーネは幼いと時に、イゼッタの命を救ったことがあるようです。それに報いるために、イゼッタはフィーネのために戦うことを誓うのでした。

第1回としては、まずまずの出だしだったと思います。舞台設定は思いっきり第2次世界大戦中みたいな感じですが^^;、魔法が実在する世界ということで架空の名前にしたのでしょうか!?
世界設定の安易さは少し気になりましたが、皇女フィーネの毅然とした態度と、国を守るためには我が身を犠牲にすることも厭わない姿勢は好印象でした。イゼッタは今回は顔見せ程度でしたが、過去にどういういきさつでフィーネに助けられたのかが気になりますね。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9895-13d3e067

終末のイゼッタ「第1話 たたかいのはじまり。 Der Anfang der Schlacht」
終末のイゼッタ「第1話 たたかいのはじまり。 Der Anfang der Schlacht」に関するアニログです。

2016.10.09 14:08 | anilog