日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


数学ガールの秘密ノート/やさしい統計 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)結城浩さんの「数学ガールの秘密ノート やさしい統計」を読み終えました。

今回は統計をテーマに、物語が進みます。第1章は、CMなどで見かけるグラフに潜むトリックのお話。さまざまな例が示されましたが、グラフ作成者が故意に見た人の印象を操作しようとするグラフ、確かに時々見かけますね。(^^;

テレビのCMなどで商品の効果や売り上げなどをグラフで紹介している時は、見た目のインパクトにだまされることなく、どういう視点から描かれたグラフなのか、冷静に見つめ直すことが大切だと思いました。

第2章では、"僕"とユーリが、平均から始まり、最頻値、中央値、分散と話を進めます。多くのデータの中から、ある1つの数値を取り出すことで、見えてくるものが次々と変わっていくところが面白かったです。

この章で特に印象的だったのは、「思考モードに入ったユーリの栗色の髪が金色に見える」という描写でした。まだ中学生なのに、時に鋭い指摘もするユーリですが、もしかして超サイヤ人の遺伝子を受け継いでいるのかも!?と思ってしまいました。(^^;

第3章では、学生時代にお世話になりつつ、その意味が今ひとつわかってなかった偏差値のお話です。ここからは高校を舞台に、"僕"とテトラちゃん、ミルカさんを交えてのお話になりました。前の章を踏まえて平均、分散から、偏差、標準偏差、偏差値という流れが、とてもわかりやすく解説されていました。
その後の偏差値の分散は、数式を追うのがちょっと面倒でしたけど。(^^;

この章から、特定の数式にハートやクローバーのマークがつきました。数式が苦手な人への配慮だと思うのですが、これはとても読みづらかったです。普通に数式(1)とか数式(A)の方が、読みやすいと思いました。

また、平均を表すギリシア文字μ(ミュー)とσ(シグマ)に、ふりがなが振ってあったのは読みやすくてよかったです。日常的に数式に触れているわけではないので、ギリシア文字の読み方ってすぐ忘れちゃうんですよね。この時、分散を示す記号としてVがあてられて、その理由は後の章でVはVarianceの頭文字という説明がありますが、これは"僕"が最初にVを使った時に解説があると、よりよかったかも。

第4章からは、先に刊行された「数学ガールの秘密ノート 場合の数」とも関わりのある確率や期待値の話になっていきます。ここは内容的にあまり興味がなかったので、さっと読み通しました。いつかもっと興味を持った時に、あらためてじっくり読み返そうと思います。あ、でも第5章の仮説検定の話は面白かったです。

そして最後には、いつものように「もっと考えたいあなたのために」が用意されています。その中では、フォン・ノイマンのフェアなコインをシミュレートできるアルゴリズムが、特に面白そうだと思いました。これはいつか、きちんと数式を立てて考えてみたいです。(^^)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9971-bbdf81e8