日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


いろいろと忙しくて視聴が遅れていた、「終末のイゼッタ」の最終話をようやく見ました。

イゼッタがゾフィーとの戦いに向かう中、フィーネも同盟国の代表が集まる会議の場へと向かいます。ベルクマンの協力もあって、途中までは順調に目的地に向かうことができました。ところが、ベルクマンが特務に引き入れたバスラーに発見されてしまいました。フィーネたちは強行突破で、その場を乗り切ろうとします。

一方、その間にもエイルシュタットへ向けてのミサイルの発射時刻が迫ります。それを阻止するために、イゼッタが現れました。そんなイゼッタと、ゾフィーは激しい戦いを繰り広げることになりました。前はゾフィーに完敗したイゼッタでしたが、魔石の力を得たことで、今度はゾフィーと対等に戦っています。しかし、ゾフィーに邪魔されて、どうしてもミサイルに近づくことができません。

その間に、フィーネたちは会議場を目指します。ベルクマンは最後までフィーネに同行するのかと思ったら、途中で1人別行動をとりました。ベルクマンは密かに、国外に逃亡するための偽造パスポートを用意していたようです。しかし、そこをバスラーに発見されてしまいました。自分の命を守ることしか考えないベルクマンを、バスラーは嫌悪します。そしてバスラーは、拳銃を発射しました。

ゾフィーとの戦いが決着がつかないことを悟ったイゼッタは、もう1つの方法でミサイルの発射を阻止しようとします。ゲルマニアの開発したミサイルは、まだ実験段階にありその制御にはゾフィーの力を必要としていたのでした。そこでイゼッタは、ゾフィーをミサイルから引き離します。しかしゲルマニアは、もう一体のクローンを用意していたのでした。こちらはゾフィーほど完成されたクローンではありませんが、ミサイルの誘導程度は行えるようです。

そしてついに、フィーネは会議場へと到着しました。そこでゲルマニアの代表が、各国の代表を脅していました。会議に割り込んだフィーネは、そこでの発言を求めます。各国の代表がそれを受け入れて、フィーネはゲルマニアの魔女はイゼッタが倒すと告げました。しかし合衆国の代表は、その説明では満足しません。仮にイゼッタの力でゲルマニアの脅威が去っても、エイルシュタットにイゼッタがいる限り、いつエイルシュタットが第2のゲルマニアにならないとも限らないというのです。

しかし、フィーネはその心配はないと断言しました。ここへ来る前に、イゼッタはフィーネに自分の覚悟を伝えていました。それは今回のゾフィーとの戦いで、世界各地のレイラインに蓄えられた魔力をすべて注ぎ込み、世界から魔法をなくすというのです。それはイゼッタの死を意味することではないのかと、フィーネは問います。そんなフィーネに、イゼッタはフィーネとの約束を果たすための方法は、これしか思いつかなかったと語ったのでした。

イゼッタとフィーネは、それだけの深い覚悟の上で、それぞれに今戦っています。ゾフィーとの勝負が膠着する中、イゼッタは世界中の魔力を集めます。それに気づいたゾフィーも、負けじと巨大な魔力を集めて対抗します。そして2つの巨大な力がぶつかり合いました。その光は、遠く離れた場所からも観測することができました。

その戦いで、世界からは魔力が消えました。魔力によって誘導されていたミサイルや、クローンはその力を失い、ミサイルは墜落しました。こうしてエイルシュタットは守られ、合衆国の欧州への侵攻が始まりました。そして、ゲルマニア皇帝の自殺によって、ついに長い戦いが終わったのでした。

今回の作戦の中、フィーネのために囮となったジークは、逃げる途中でゲルマニアの若い兵士と遭遇しました。ジークには、彼の姿が秘密を守るために殺したヨナスと重なりました。そしてジークは、その若い兵士の銃弾を受けて命を落としたのでした。

バスラーに撃たれたベルクマンは、どういう方法でか生きながらえて、国から逃れていきました。ベルクマンがゲルマニア皇帝に一矢報いる展開を期待していただけに、拍子抜けでした。もう少し話数に余裕があれば、ベルクマンのその後ももっと納得のいく描かれ方をしたのかなあ。

そしてゾフィーとの戦いで死んだのかと思ったイゼッタですが、これまたどういうわけか生き延びていたようです。魔力を失い、戦いでの傷が原因で車いす生活をしているようですが、森の奥深くでひっそりと暮らしているようですね。

というわけで、「終末のイゼッタ」の完結でした。
オリジナル作品ということで期待していた作品でしたが、作画はけっこうがんばっていましたが、ストーリー展開がいろいろともったいない作品でしたね。(^^;
もう少し話数に余裕があれば、もう少し深みのある作品になったのではないかと思えるだけに、余計に残念でした。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9975-f8d93967

終末のイゼッタ「第12話 イゼッタ Izetta」
終末のイゼッタ「第12話 イゼッタ Izetta」に関するアニログです。

2016.12.30 02:38 | anilog

終末のイゼッタ 第12話「イゼッタ」
ジークが死んでベルクマンが生き残ったのは意外だった。ジークは因果応報って事だろうか?分からんが、フィーネの言う通りこれからも争いは起こるだろう。 まあそれはいい。それよりも、

2016.12.28 20:04 | 悠遊自適

終末のイゼッタ TokyoMX(12/17)#12終
最終回 第12話 イゼッタ イゼッタを待ち受けるゾフィとゲルマニア軍。対空砲と戦闘機も準備していた。それらの攻撃を避けながら戦う。遂には戦車や飛行機を直接、ぶつけ合う二人。ミサイルには接近できないのならば、ゾフィが遠隔操作できないように 遠ざければいい。戦闘機でも追いつかない速度で移動する。ゲルマニアには魔石で集めた魔力の源、エクセニウムを結晶化する技術があった。それを用いてゾフィのクローン...

2016.12.28 01:36 | ぬる~くまったりと