日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


Mac OS X が macOS と名前を変えて、iOS やアップルの他の製品との親和性は高くなったものの、個人的には不要な機能ばかり追加されて、パソコン以外の機器もアップル製品に囲い込まれているのが、ちょっと気になっていました。

とはいえ、bash on Windows が使えるようになったとはいえ、何かとトラブルの多い Windows を使う気にはなれないですし^^;、どうしたものかと思っていたら久々に Linux に触れる機会がありました。

でも Linux も、昔と比べると重くなっていて、以前 Ubuntu を VirturalBox で試した時は、あまり環境も整えないうちに消去してしまいました。それがまた今回 Linux をと思ったのは、軽量級のディストリビューションがいくつもあると教えていただいたからでした。

その中から今回試したのは、LinuxBean、Arch Linux、ubuntuの3つです。最初に試したのは、日本で開発されているということで、LinuxBeanでした。ベースとなっているのは、ubuntuですがデスクトップ環境が軽量なのと、初期設定で日本語が利用できるようになっているのが便利でした。xfceベースのデスクトップ環境は、サクサク使えていい感じでした。
ただ、最小限とはいえ様々なアプリが標準でインストールされているのが、少し余計な気がしました。

そこで次に、軽量・シンプルな Arch Linux を試してみました。まず驚いたのは、グラフィカルなインストーラが一切用意されていないことでした。サポート用の Wiki を読みながら作業を進めましたが、fdisk とか使うのは昔 Slackware を使ったとき以来かも・・・。(^^;

あれこれ調べながら、LinuxBeanと同じように xfce をデスクトップ環境として使うように設定して、Fcitxとかmozcの導入、日本語環境へのロケール変更、日本語フォントの導入、ついでに emacs25.1 も導入してみました。
自分の必要なもの以外は、最低限しかインストールされないので、すっきりした構成の環境を構築するにはいい感じですね。ただ環境設定が楽しすぎて本来の目的を忘れたり^^;、パッケージを管理する pacman を使うのが初めてだったので戸惑いが大きかったです。

最後に試したのが、ubuntuをベースとしつつ、デスクトップ環境を xfce にするなどして軽量化されている Xubuntu でした。これを試す前に Arch Linux を試したせいか、インストールやその後の設定がとっても簡単に思えました。(^^;
とはいえ、日本語環境の設定はそれなりに必要です。デスクトップ環境の日本語化は、ネットの情報を参考に順調に進みました。一番面倒だったのは、これまたお試しで導入した emacs25.1 の日本語環境の設定でした。

Mac で使っている emacs の設定ファイルを修正しつつ利用したのですが、初期設定のままだと導入されていないツールも結構あって、何かしようとすると apt install する感じでした。(^^;

という感じで、あれこれ試してみました。ディストリビューションによって、導入時の難易度に差はありますが、3つともそれぞれ特徴があって面白かったです。この経験をしたことで、将来もし macOS が受け入れがたくなったら、また Linux に切り替えてもいいかもと思いました。(^^)
2017.01.10 23:58 | Mac | トラックバック(0) | コメント(0) | .

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9987-32248275