日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


与太郎が、やくざの大親分を相手に啖呵を切るお話でした。

お祭りの日、与太郎は樋口に誘い出されて、屋形船に乗っていました。しかし、そんな時でも与太郎の心は落語から離れません。船の外で、与太郎は落語の稽古を始めるのでした。その頭には、以前にアマケンに指摘された、与太郎はまだ自分の落語を見つけていないという言葉が残っています。事実その通り、与太郎はまだ自分独自の落語を見つけていなかったのでした。

師匠の八雲の寄席で居眠りをして破門されそうになったり、とにかく失敗の多い与太郎ですが、1つだけ師匠に褒められたことがありました。それは与太郎の耳の良さでした。そのおかげで、与太郎は八雲と助六というタイプの違う2つの落語を身につけることができたのです。しかし、せっかくいい耳を持っているのに、言葉の意味を考えない気性がつくづくもったいない感じです。(^^;

その頃、小夏は料亭の女将と一緒にいました。外には大勢の人間が花火見物に出ています。それなのに、小夏はその中から相変わらずの大声を張り上げている、与太郎の声を聞きつけていたのでした。そんな小夏の前に、与太郎が現れました。小夏には距離を置かれている与太郎ですが、子供の信乃助には懐かれています。

そこへ、女将のお店の人間がやって来ました。女将のお店にやくざの大親分が来ることを知った警察が、手入れを行おうとしているというのです。それを聞いた女将に続いて、小夏もその後を追います。それを見た与太郎は、すべてを察知したのでした。

前回の終わりに、与太郎が目撃した黒塗りの車。それはやくざの大親分のものだったようです。料亭で働いていた小夏と、与太郎が前に関わっていた組の大親分。2人の間には接点があったのです。

そして与太郎もまた、料亭へと駆けつけました。そこで与太郎は、以前の兄貴分と再会しました。再会を懐かしむまもなく、与太郎は大親分がいる部屋へと乗り込みます。そして、得意の口上を生かして大親分に自分の思いをぶつけます。

かって与太郎は、この大親分に言われて、兄貴の罪をかぶって刑務所に入りました。その時は、ただただ大親分を恐れていただけでした。そんな与太郎のことは、大親分もろくに覚えてはいません。しかし、与太郎が組を抜けて八雲の弟子になったこともあり、八雲と親分の間に関わりができました。与太郎が落語を始めてからは、親分も与太郎の寄席を見てくれたことがあるようです。

多くの人たちから恐れられる大親分に、与太郎は自分の胸の内をぶちまけました。与太郎の態度に腹を立てた大親分は、頭を冷やせと池の中に与太郎を突き落とします。しかし、それでも与太郎は引き下がりません。過去の経緯はどうあれ、今では小夏は自分の妻で、信乃助は自分の子供だと断言したのでした。
これまで本当にお調子者で、どうしようもない与太郎でしたが、今回のこの啖呵は格好良かったです!(^^)

そんな与太郎の啖呵に、大親分も小夏からは手を引くことを受け入れるのでした。すべてが終わった後で、小夏は与太郎を叱りつけます。でも、しかり飛ばしながらも小夏の心は、前よりも与太郎に対して開かれたものになっていました。
第2期の第1話で、夫婦になろうと小夏を口説いた与太郎もそうでしたが、与太郎というキャラは啖呵を切っている時が、一番輝いていますね。そのまっすぐな心根が伝わってくる、関智一さんの演技もいいです!

そんな一部始終を、作家の樋口は見聞きしていました。与太郎の啖呵を聞いた樋口は、それこそが与太郎の持ち味だと気づいたようですが、与太郎自身にはまだ自覚がないようです。落語の歴史を集めつつ、新作落語を作ろうとしている樋口ですが、果たしてどんな噺を作るのか気になります。

お祭りを楽しんだ後、与太郎が帰宅すると、付き人の松田さんが八雲のところに顔を出していました。一時は付き人をやめたこともある松田さんですが、今ではお孫さんもいて幸せに暮らしているようです。

そして与太郎は、八雲と一緒に親子会をやりたいと言い出します。それを渋っていた八雲でしたが、与太郎が助六が得意にしていた「居残り」という噺を覚えるならと、親子会を承諾してくれました。その上、八雲自らが与太郎の前で助六のように「居残り」を演じてみせました。この八雲の演じぶりも凄いですが、同時にそれが八雲の命を削っていっているように見えるのが気になりました。(;_;)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog57.fc2.com/tb.php/9999-15369067

亭主の意地
Gremzキーワード:オゾン層! 取りあえず、ひと言・・ 『昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 』 第三話 助六再び篇 黒塗りの車に載っていたのは与太郎のチンピラ時代の親分さん? やっぱり小夏は芸者だったんですね。 産休が終わってから復帰したくないとうのは、 親分と...

2017.01.24 00:07 | マイ・シークレット・ガーデン vol.3